整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

施術スタッフがより活躍する【現場】

 施術部署は医院において自主性が高い場合が多いです。そのため、医院全体の自主性を高めるためには施術部署の自主性を高めるだけでなく、他部署を引っ張ることが必要です。

 

 しかし、院長先生が施術部署だけをサポートしていれば、他部署は施術部署だけひいきにしていると思われます。

 そこで、院長先生の目標を落とし込み、施術部署には何を期待しているのか伝えます。これにより、施術スタッフも行動が明確になり、行動しやすくなります。その結果、他部署のモデルになり、他部署も行動しやすくなります。

 

 リハビリ室を自主的に運営するためには院長先生の想いを伝えます。そのため、日頃から施術主任を中心にコミュニケーションをとっておくことが必要です。

 

 これができれば、院長先生がいなくても、リハビリ室を運営でき、患者さんの満足度も高まります。つまり、院長先生が診察に集中しながら、医院の長所を発揮できるわけです。施術スタッフは相談しやすいため、意見を反映させやすいものです。

 

 院長先生の想いを伝える上で、課題を共有することも重要です。施術スタッフは方向性を知りたいと感じていることが多いため、院長先生は今後の経営の方向性をふくめてお話しすることが必要です。

 

 さらに、施術スタッフは他のスタッフにアドバイスするためにも他部署にはどのような課題があるのか知りたいと考えています。例えば、医療知識や接遇に対して、院長先生はどのように考えているのか等です。

 

 施術スタッフの経営に対するニーズを把握していなければ、いかに伝えたとしても共有することはできません。

 

 施術スタッフが活躍するためにはどの経営数値を高めたいのか共有することも必要です。これにより、数値が良ければ継続し、数値が悪ければ修正します。

 

 修正する上ではいつまでに何をするのか対策を立てます。まずは施術スタッフが課題と感じていることや取り組みたいと感じていることから始めることで、推進力を高めることができます。

チームワークを強化する  動線の動線を確認する  リハビリ事務を活用する

WEB経営セミナー「さんかくすい」