整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

施術スタッフがより活躍する【職人から参画経営】

職人の先生の傾向

 院長先生が診察に集中すると、リハビリを管理しづらいだけでなく、スタッフマネジメントを考える余裕もなくなります。そのため、リハビリの来院回数を維持できないだけでなく、スタッフの問題が発生する可能性があります。その結果、診察に集中しづらくなります。

 そのため、理学療法士等の施術スタッフがより活躍できる体制を作る必要があります。施術スタッフは医院全体のバランスを考慮していれば、スタッフの問題が発生しづらいのですが、自主性を発揮することができません。

 そこで、院長先生が理学療法士に何を期待するのか明確化し、それを伝えるようにします。これが丁寧であるほど、後の負担が軽減します。次に理学療法士の想いを把握します。これは全ての理学療法士には難しいため、まずは施術主任の想いを把握します。

 このコミュニケーションをとる機会を定期的に設定することで、それ以外の時間院長先生は診察に集中できるようになります。また、施術主任には他の理学療法士の想いを把握するように依頼することもできます。

職人の先生のニーズ

 院長先生が診察に集中するためにも、施術主任が施術部署を把握することで、いかに自分達の部署のスタッフをマネジメントするのか学ぶことができます。これが上手くいけば、施術主任はマネジメントに自信を得ることができ、院長先生に協力しやすくなります。

 通常次に考えることがその他の部署のことですが、そうではなく、施術部署がより良くなるために医院としてどのようなサポートができるか考えます。外部の研修会でも、院内の勉強会でも構いません。施術スタッフのスキルを高める機会を設定します。

 これにより、前向きに医院で働くことができるため、院内に良い口コミが生まれます。その結果、施術の部署が前向きになるだけでなく、他部署に良いモデルが生まれます。

 そこで、初めて物療部署をマネジメントするためにどのようなフォローができるかを考えます。これにより、患者さんの疾患をより把握できるだけでなく、リハビリの雰囲気が良くなり、来院回数が維持できます。

参画経営で大切にしていること

 参画経営では院長先生が診察に集中しながら、施術スタッフがより活躍するために施術スタッフがスキルを高める体制作りや、施術スタッフをマネジメントできる体制を作ります。これにより、診察だけでなく、施術部署の長所が発揮できる体制ができます。

 その際は院長先生が全ての部署をマネジメントすることはしません。確かに医院全体をマネジメントすることは理想ですが、これでは診察に集中することができません。そのため、まずは施術部門の協力を得て、物療部署のマネジメントを強化します。

 そこで、さんかくけいでは施術主任が感じている想いの現場への落とし込み、院長先生の施術部署への想いの浸透、施術主任とのコミュニケーションの機会の設定等をサポートします。

 これにより、患者さんは施術の効果を感じるだけでなく、スタッフへの印象も良くなるため、来院回数が維持できます。その結果、患者さんの疾患の痛みがリハビリによっても緩和し、さらに地域内に口コミも発生して、経営が安定します。

 下記の詳しくはこちらでは三方が良くなる「施術スタッフの活躍」について聞いた内容をお伝えします。

              詳しくはこちら

  チームワークを強化する  助手の動線を確認する  リハビリ事務を活用する

WEB経営セミナー「さんかくすい」