整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

施術スタッフを活用する【経営分析】

「施術スタッフを活用する」の現状の課題

 院長先生とスタッフから施術スタッフを活用することに対するお話を伺いました。

 院長「施術スタッフは医院経営より自らの業務に集中したい、スキルを高めたいという要望があると思います。ただ、医院としてどのようにサポートすれば、定着率が高まるかが分かりません。ただ、モチベーションが高すぎて、スタッフと協調がとれないのは避けたいですね。」

 院長「患者さんは施術スタッフへの施術に満足しています。天候や気候が悪くても、予約しているため、来院しています。現在の自院は診察と施術が地域において大きな強みになっています。後は部署間で協力し、患者さんに対して、より良い医療を提供したいです。」

 スタッフ「院長先生に相談したいことがあるのですが、院長も普段忙しくて、なかなか相談できません。また、他の施術スタッフもプロ意識が高いので、私の立場として、何が求められているのか分かりません。」

「施術スタッフを活用する」の目標・ニーズの明確化

 院長「現在主任が遠慮しているため、もっとリーダーシップをとってもらいたいですね。私から相談したいことがありますし、私の考えを他のスタッフに伝えてもらえると助かります。医院と施術スタッフの目標を一致させて、自主性を発揮してもらいですね。」

 院長「患者さんだけでなく、他のスタッフの状況などを聞きたいですね。リハビリ助手と協力することで、リハビリ室がさらに良い雰囲気になると思います。業務について話し合うことで、患者さんもより来院する理由が理解できると思います。」

 スタッフ「他のスタッフにもう少し協力してもらえると施術に集中できます。ただ、普段こちらからフォローすることはなかなか難しいため、言いづらいです。スタッフの接遇力や医療知識を高めるために協力したいです。」

このような医院で効果的です

 施術スタッフのモチベーションが高い、施術スタッフとどのように接していいのか分からない、医院の方向性を伝えたことがない、スタッフに目標を持ってほしい、医院全体の医療知識を高めたい、リハビリ室を活性化したい

「施術スタッフを活用する」の課題解決のためのご提案

 1つ目は施術スタッフの現状の想いを把握して下さい。施術スタッフは様々な理由で医院で働いています。そのため、様々な情報に左右されていることや他のスタッフの気持ちが分からないため、スタッフの考えを把握することが大切です。

 2つ目は院長先生の方向性をお伝え下さい。院長先生は普段忙しいため、なかなか話す機会がありません。そのため、ミーティングの開催も有効です。施術スタッフから状況を伝えてもらうことで、院長先生も管理しやすくなります。

 3つ目は他部署へのフォロー体制を作ります。施術スタッフが院長先生と他のスタッフの想いを共有できれば、心強いです。お互いフォローしようという気持ちがあれば、院内の雰囲気が良くなり、施術スタッフも働きやすくなります。

 下記の「詳しくはこちら」では経営アドバイス導入後、施術スタッフを活用することに成功した事例を詳しくお伝えしております。

詳しくはこちら

  チームワークを強化する  助手の動線を確認する  リハビリ事務を活用する

WEB経営セミナー「さんかくすい」