整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

施術スタッフを活用する【成功事例】

 施術スタッフを活用した成功事例の医院は施術スタッフの現状の想いの把握、院長先生の方向性の浸透、他部署の課題へのフォロー体制作りの3つに取り組みました。

 1つ目は施術スタッフの現状の想いを把握しました。施術スタッフは個人毎に様々な想いを抱えて勤務しています。自らの勤務条件、その他のスタッフの接遇力、患者数の目標などです。そのため、それが一致していなければ医院としてのチームワークを発揮しづらくなります。

 それをフォローするのが主任クラスですが、勤務歴などで漠然と決まっていたため、他のスタッフに遠慮してリーダーシップを発揮しづらい状況でした。そのため、まずは施術スタッフがどのような想いをもってそれぞれ勤務しているのか把握しました。

 2つ目は院長先生の方向性を浸透しました。施術スタッフは医院がどの方向性を進むのかに興味がありました。そこで、院長先生がスタッフのモチベーションを高め続けるために施術スタッフには何を求めているのか、医院が他院と比較して、何を目指しているのか伝えました。

 3つ目は他部署の課題へのフォロー体制を作りました。施術スタッフは医療知識が高いため、施術スタッフから見て他の部署がどのような課題があるのか伝えました。

 院長先生がなかなか言いづらいことがあるため、いかに一般スタッフの医療知識を高め、接遇力を高めるためにコミュニケーションをとれるかが大事です。

参画経営の特徴を解説

 施術スタッフが他のスタッフへ配慮しています。なぜ他のスタッフは医療知識が高くないのかと先入観を持っておらず、その中でいかに高めることができるか考えています。また、他のスタッフに分かりやすく院長先生の望む方向性を示しています。

 さらに他部署の課題を一緒に解決しようというフォロー体制があります。これにより、他のスタッフも施術スタッフに協力したいという気持ちが生まれ、院内の雰囲気が良くなっています。

クライアントの声

 院長「施術スタッフが今まで以上に活躍しています。また、医院の目標が理解できてから、モチベーションも高まり、私の目標を他のスタッフにも分かりやすく伝えてくれています。これにより、他のスタッフの自主的や医療知識も高まっているんではないでしょうか。」

 スタッフ「自主的に業務を改善するようになりました。また、忙しい中でも声をかけるようになり、院内の雰囲気が良くなっています。現在では部署内の目標を達成するにはどうすればいいか話し合うようになりました。」

 現場での変化は下記の詳しくはこちらをご覧下さい。

詳しくはこちら

お問い合わせ例や動画内容

 施術スタッフを活用するために

・施術スタッフを施術に集中させたい

・医院全体で院長先生の想いを把握させ、目標を設定したい

・施術スタッフ中心のスタッフマネジメントを実現する方法をお伝えさせていただきます。

 詳しくは下記の「お問い合わせ」より施術スタッフを活用するとお伝え下さい。

 また、参画経営を実現するために施術スタッフの現状の想いの把握、院長先生の方向性の浸透、他部署の課題へのフォロー体制作りなど具体的に取り組んでみたい場合は下記の「無料経営相談」よりご相談下さい。

signature01

お問い合わせ 無料経営相談 WEBセミナー登録

WEB経営セミナー「さんかくすい」