整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

助手の動線を確認する【経営分析】

「助手の動線を確認する」の現状の課題

 院長先生とスタッフから助手の動線を確認することに対するお話を伺いました。

 院長「今までほとんどリハビリ助手とコミュニケーションをとっていません。ただ、リハビリ助手は自分で考えて動いていて、勤続年数も長いため、このまま働いてくれればいいと思っています。もし、こちらから何か話すと不満を聞く責任が生まれませんか?」

 院長「患者さんはリハビリ助手の動き方やレイアウトが変わることで驚くと思います。患者さんも自分の要望があるため、それを変えることで、来院が遠のく可能性があります。現在クレームがなければ、そのままでいいと思います。」

 スタッフ「なぜ動線を確認するのですか?これまでは少しずつ動線を変えてきて、現状が最も良いと思います。何か変えて良くなるかもしれませんが、余計に動きづらくなると患者さんに迷惑がかかるのが嫌です。忙しい時間帯は集中するので、それ以外は余裕があります。」

「助手の動線を確認する」の目標・ニーズの明確化

 院長「リハビリ助手と施術スタッフのチームワークが良くなり、リハビリ室が一体化するといいですね。そのためには施術主任からの働きかけてほしいです。リハビリ室が一体化すれば、ミーティングを開催して、部署全体で話し合えるといいですね。」

 院長「助手さんの負担が減るといいですね。リハビリ助手の人柄により、当院に来院している患者さんもいると思います。負担が減ることで、接遇力が高くなります。また、普段忙しくて、診察室では聞けない話を聞いてもらえると患者さんも嬉しいと思います。」

 スタッフ「こうした方がいいと思うことがあるのですが、私の一存だけでは決められません。リハビリ助手みんなで話すこともあるのですが、それを院長先生や施術の先生まで伝えればいいですね。協力できることがあれば、言ってほしいです。」

このような医院で効果的です

 物療の来院回数を高めたい、リハビリ助手に負担がかかっている、リハビリ助手と施術スタッフのチームワークが良くない、施術スタッフが接遇力を高めたいと感じている、患者さんからリハビリに対する要望を聞いた

「助手の動線を確認する」の課題解決のためのご提案

 1つ目はリハビリ助手の動線を確認して下さい。現状の動き方を確認することで、重複している業務等が明確化して、効率化します。最初は意見を聞きながら、1つずつ業務を改善します。

 2つ目は施術スタッフとリハビリ助手の課題と目標を確認します。施術スタッフとリハビリ助手では考える視点が違います。それぞれフォローして欲しい内容も異なります。そのため、今後望む業務体制や現状の課題を確認します。

 3つ目は情報共有の仕組みを作ります。リハビリ助手は一般的に最も発言しづらい部署です。そのため、施術スタッフもフォローすることで、意見しやすい雰囲気を作ります。

 下記の「詳しくはこちら」では経営アドバイス導入後、助手の動線を確認することに成功した事例を詳しくお伝えしております。

詳しくはこちら

  チームワークを強化する  リハビリ事務を活用する  施術スタッフを活用する

WEB経営セミナー「さんかくすい」