整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

助手の動線を確認する【成功事例】

 助手の動線を確認した成功事例の医院では現状のリハビリ助手の動線の確認、施術スタッフとリハビリ助手の課題と目標の確認、情報共有の仕組み作りの3つに取り組みました。

 1つ目は現状のリハビリ助手の動線を確認しました。スタッフは動きやすいように動き、その中で患者さんとコミュニケーションをとっていました。その結果、忙しくなると接遇力が落ちていました。もちろん、個人毎で熱心に動くこともいいのですが、余裕もなくなります。

 それよりも声をかけ合い、チームワークを発揮するために現状の動線を確認することから始めました。

 2つ目は施術スタッフとリハビリ助手の課題と目標を確認しました。施術スタッフからみて、リハビリ助手には何が足らないか、またリハビリ全体の目標は何か客観的に施術スタッフの想いを聞きました。

 次にリハビリ助手が考える課題を確認しました。現状を維持した方がよいという意見もあったので、院長先生から今後の目標や患者さんのために望む医院像を伝えてもらいました。

 3つ目は情報共有の仕組みを作りました。レイアウトや動線を変更して、客観的に良いと思っても、リハビリ助手にとっては良くない場合があるため、リハビリ助手の意見を反映しました。

参画経営の特徴を解説

 リハビリ助手が前向きに患者さんのために日々試行錯誤しています。これにより、スタッフもアドバイスしやすいです。また、患者さんにコミュニケーションをとるという意識もあります。

 院長先生は常に現場にいないため、施術スタッフがリハビリ助手をフォローしています。また、周りをフォローするために情報を共有しています。それにはレイアウトや動線を変更するだけでなく、いかにスタッフが動きやすくなるかを軸に考えています。

クライアントの声

 院長「リハビリ室の雰囲気が良くなっています。特に忙しい時間帯にスタッフが協力し合うことで、患者さんからの評価も高まっているようです。実際患者さんの来院回数が増えています。また、情報共有の仕組みにより、考えて、行動に移すようになりました。」

 スタッフ「私達の負担が減っていることで、患者さんとコミュニケーションがとりやすくなりました。そのため、前向きに働くことができています。」

 現場での変化は下記の詳しくはこちらをご覧下さい。

詳しくはこちら

お問い合わせ例や動画内容

 助手の動線を確認するために

・提案するとリハビリ助手が抵抗するか心配だ

・リハビリ助手に負担がかかっているが、接遇力を高めたい

・現状のリハビリ助手の動線を確認し、提案する方法をお伝えさせていただきます。

 詳しくは下記の「お問い合わせ」よりリハビリ助手の動線を確認するとお伝え下さい。

 また、参画経営を実現するために現状のリハビリ助手の動線の確認、施術スタッフとリハビリ助手の課題と目標の確認、情報共有の仕組み作りなど具体的に取り組んでみたい場合は下記の「無料経営相談」よりご相談下さい。

signature01

お問い合わせ 無料経営相談 WEBセミナー登録

WEB経営セミナー「さんかくすい」