整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

助手の動線を確認する【現場】

 余裕のある雰囲気を生むためには現状の業務を効率化することです。しかし、効率化だけを考えると全体の業務量は減りますが、ぎすぎすした雰囲気が生まれてしまいます。

 

 そこで、余裕を生み、患者さんに安心感を与えることが重要です。そのためにはどのように連携すればいいのか、主任クラスがフォローすることです。

 

 余裕のある雰囲気と効率化は一見すると両立することは難しいと考えがちですが、それを両立させることは医院の長所になります。

 

 

 ただ、リハビリ助手に業務改善を提案しても、現場に落とし込むことが難しい場合があります。なぜなら、リハビリ助手の考えを尊重していないからです。

 

 例えば、常勤だけが担当する遅番、清掃や事務作業等を理解しておく必要があります。特にリハビリ助手は平等性を重視する傾向があるため、それに配慮しなければ、こちらがいかに提案しても、効果は薄いものです。

 

 そこで、院長先生を中心にリハビリ助手は何を大事にしているのか把握することが大切です。

 

 

 開業年数が長い場合、患者さんの中には毎日物療に来院している方もいます。特に朝一の患者さんはほぼ同じ顔ぶれが多いため、効率化しようと思っても、決まった流れをとらなければ、不満につながる時があります。

 

 その際はスタッフの意見を尊重して、どの時間帯なら業務を改善できるのか考えてもらうことです。それが定着してくると、患者さんの流れを維持したまま、他の時間帯でも効率化でき、接遇力も向上します。後はその成果をフィードバックします。

 

 トップダウンで改善を進めれば、抵抗に合う可能性が高いです。その結果、院長先生や主任スタッフはリハビリ助手は融通がきかない、リハビリ助手は自分達の意見を尊重してもらえないと感じてしまいます。

 

 そこで、お互い患者さんのためにというのは共通しているため、お互いに何を大事にしているのか共有することが効果的なのです。

 

 共有することができれば、話し合うきっかけは自然と生まれます。

  チームワークを強化する  リハビリ事務を活用する  施術スタッフがより活躍する

WEB経営セミナー「さんかくすい」