整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

助手の動線を確認する【職人から参画経営】

職人の先生の傾向

 院長先生が診察に集中すると、リハビリ室の状況が分かりづらくなります。特に朝一や夕方など忙しい時は物療の状況が分かりません。

 リハビリ助手は忙しい中で患者さんの順番を守ろうと思い、丁寧に対応しています。その時間帯はなじみの患者さんも多いため、コミュニケーションがとれています。そして、忙しい時の負担を忙しくない時の負担で調整するようになります。

 また、リハビリ助手は丁寧に穏便に業務をしたいと考えているため、院長先生が何か聞いても、「大丈夫です」と現状を維持しようという気持ちが強いです。

 さらにリハビリ助手は忙しくても、効率を高める方法が分からず、例え効率が上げられそうでも、現状の方が動きやすいと感じ、業務を変えることはできません。

 その結果、患者さんに余裕を持って対応しづらくなり、満足度が下がってしまいます。そのため、他院に流れる可能性が生まれます。そうなると診察の患者さんが集中しても、リハビリ助手は余裕があるため、部署間の業務量の差が生まれます。

職人の先生のニーズ

 院長先生が診察に集中するためにも、物療を管理することが大切です。その方法としては理学療法士等の施術スタッフがマネジメントをする方法もありますが、施術スタッフも施術に集中しているため、余裕のない時は難しいです。

 そのため、リハビリ助手主任が中心となり、院長先生や施術主任と情報を共有することで、診察からリハビリへの流れの効率化を検討します。

 ただ、院長先生や施術主任が現場やリハビリ助手の想いを考慮せずに提案しても、リハビリ助手は反論はしませんが、現場に落とし込むことができません。そのため、具体的な場面と変更点を設定することで、1つずつ業務を改善します。

 しかし、これを続けていれば、院長先生や施術主任に負担がかかります。また、リハビリ助手とコミュニケーションをとることは普段からの関係性が重要です。普段からリハビリ助手とコミュニケーションをとっていなければ、情報を共有することも一苦労です。

 そこで、患者さんに効率的に対応して、接遇力を維持するために助手の動線を確認することから始めます。

参画経営で大切にしていること

 参画経営では院長先生が診察に集中しながら、リハビリ助手の想いを反映して、動線を確認します。そのために現場をリハビリ助手の目線と客観的な患者目線から動線を検討します。

 その際は院長先生や施術スタッフが全てのリハビリ助手とコミュニケーションをとるという方法はとりません。確かに診察以外に物療業務を把握することが大切ですが、これでは診察に集中しづらくなります。そのため、院長先生の想いを軸にして、リハビリ助手の想いを確認します。

 そこで、さんかくけいでは院長先生が理想とするリハビリ像の浸透、リハビリ助手の現状の不満や要望の反映、リハビリ助手と各部署の情報共有の促進等をサポートします。

 これにより、患者さんはよりリハビリ助手とコミュニケーションをとれるだけでなく、各部署との連携が促進することで、診察以外にリハビリの印象も高まります。長期的に負担が減るように動線を確認できると、業務改善の流れが生まれます。

 下記の詳しくはこちらでは三方が良くなる「助手の動線の確認」について聞いた内容をお伝えします。

          詳しくはこちら

  チームワークを強化する  リハビリ事務を活用する  施術スタッフを活用する

WEB経営セミナー「さんかくすい」