整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

リハビリ事務を活用する【経営分析】

「リハビリ事務を活用する」の現状の課題

 院長先生とスタッフからリハビリ事務を活用することに対するお話を伺いました

 院長「リハビリ事務を活用するイメージはわかないですね。今までリハビリ助手が考えて、システムを作ってきたため、変えると不満が出ると思います。それよりも助手業務をする方が余裕が出るのではないでしょうか?」

 院長「患者さんはリハビリ助手とコミュニケーションをとりたいため、誰かが事務作業をしていると、そのスタッフに話しかけるようになり、事務作業が滞るだけでなく、患者さんも悲しくなると思います。」

 スタッフ「リハビリ事務を導入する目的は何ですか?確かに忙しくなる時はありますが、それはみんなで声をかけあって、協力しあっています。それに余裕がある時に事務作業しているので、平等に働いています。それではだめですか?」

「リハビリ事務を活用する」の目標・ニーズの明確化

 院長「リハビリ事務が機能することで、他部署との連携が強化するといいですね。診察からリハビリに声をかけたい時もあるのですが、誰に聞いていいのか分かりません。また、事務作業が集中することで、ミスも減り、他のスタッフも動きやすくなると思います。」

 院長「患者さんに声をかけることで、雰囲気が良くなりますね。患者さんの要望などを聞いてもらえると、次回の診察にも活用できます。忙しい時間帯こそ各部署から情報が届き、欲しい時にフォローしてもらいたいですね。」

 スタッフ「効率化するためにどうすればいいのか話し合うようになりました。院長と話す機会も増えて、院長の考えも分かるようになりました。みんなの接遇力や意識も高まったと思います。他部署からもお願いされることも増えてきました。」

このような医院で効果的です

 物療の来院回数を高めたい、リハビリ助手に負担がかかっている、リハビリ助手の接遇力を高めたい、各部署からの情報を共有したい、リハビリ助手同士仲が良い

「リハビリ事務を活用する」の課題解決のためのご提案

 1つ目はリハビリ助手の業務を確認します。リハビリ助手の想いと動きを把握することで、今後リハビリ助手と話をしやすくなります。これが中途半端なら、リハビリ助手が話しづらくなるだけでなく、不満につながります。

 2つ目は他部署と連携を確認します。リハビリ事務を活用する際に物療に集中すればいいのか、他部署との情報共有を意識する必要があるのか検討します。これにより、他部署も喚起されて、全体の経営意識と接遇力が高まります。

 3つ目はリハビリ助手の配置を検討します。その際はまずは誰をリハビリ事務に配置するのか、その後どのようにローテーションするのか、時間帯や担当業務を検討します。

 下記の「詳しくはこちら」では経営アドバイス導入後、リハビリ助手を活用することに成功した事例を詳しくお伝えしております。

詳しくはこちら

  助手の動線を確認する  チームワークを強化する  施術スタッフを活用する

WEB経営セミナー「さんかくすい」