整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

リハビリ事務を活用する【成功事例】

 リハビリ事務を活用した成功事例の医院では現状のリハビリ助手の業務の確認、他部署との連携の確認、リハビリ事務の配置の検討の3つに取り組みました。

 1つ目は現状のリハビリ助手の業務を確認しました。余裕のある時間帯には個人毎に動いていました。しかし、忙しくなると接遇力が落ちて、全体を把握できていません。その結果、全体効率を維持しづらい状況でした。

 そのため、1人をリハビリ事務として活用しました。これにより、全体を把握でき、接遇力を維持できました。また、スタッフも負担が軽減し、忙しい時間帯でも対応できました。

 2つ目は他部署との連携を確認しました。リハビリ事務は1つの部署だけでは完結しないため、施術スタッフや診察、受付なども積極的に連携を促しました。特に診察室は院長先生の判断もできるため、患者さんの情報を共有し、部署全体の課題解決の提案が可能です。

 3つ目はリハビリ事務の配置を検討しました。リハビリ事務として、1人を専属にするのか、ローテーションで対応するのかスタッフの想いを把握しました。また、ローテーションにする際も何時間毎に交替するのか検討しました。

参画経営の特徴を解説

 リハビリ助手同士のチームワークが良いです。リハビリ助手は自分で動いた方が早いというより、声をかけあって協力しています。そのため、指示するタイミングがあっても、前向きにお願いし合っています。その結果、効率化を維持できています。

 また、リハビリ事務の想いを汲み取り、他部署もフォローしています。これにより、リハビリ事務の業務効率化を維持でき、情報を共有しています。

クライアントの声

 院長「忙しい中でも患者さんに丁寧に対応しています。全体を把握した上で、フォローし合っていると思います。また、リハビリ事務を活用することで、客観的に自分達の業務を把握できているのがいいですね。私に提案することも増えてきて、業務を改善できているようです。」

 スタッフ「自分達から声をかけることで、接遇力も高まっています。また、忙しい中でも各部署の情報を共有できるため、動きやすくなりました。他のスタッフから言葉をかけてもらうことも増えたため、モチベーションも高まっています。」

 現場での変化は下記の詳しくはこちらをご覧下さい。

詳しくはこちら

お問い合わせ例や動画内容

 リハビリ事務を活用するために

・リハビリ助手の負担を減らしたい

・忙しい時間帯は事務作業が増え、接遇力が低下している

・現状のリハビリ助手の業務を確認し、導入する方法をお伝えさせていただきます。

 詳しくは下記の「お問い合わせ」よりリハビリ事務を活用するとお伝え下さい。

 また、参画経営を実現するために現状のリハビリ助手の業務の確認、他部署との連携の確認、リハビリ事務の配置の検討など具体的に取り組んでみたい場合は下記の「無料経営相談」よりご相談下さい。

signature01

お問い合わせ 無料経営相談 WEBセミナー登録

WEB経営セミナー「さんかくすい」