整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

リハビリ事務を活用する【職人から参画経営】

職人の先生の傾向

 院長先生が診察に集中すると、診察室の状況が分かりますが、リハビリ室の状況は分かりません。特に患者数が多くなる時間帯ではリハビリ助手にも負担がかかってしまいます。そのため、リハビリ助手は全体を把握しながら、個人として頑張って動いています。

 患者さんにとっては忙しい中でもリハビリ助手が対応してくれたことに感謝する人もいれば、余裕がないために来院を控える方もいます。そうなると診察室だけ忙しくなり、患者数を維持することも難しくなります。そのまま放置すれば、解決策は患者数が減少することになります。

 しかし、職人の院長先生にとってはリハビリ助手をいかにマネジメントをすべきか分からず、リハビリ助手に物療を任せるようになります。また、リハビリ室の現状も分からず、リハビリ助手の頑張りも分かるため、アドバイスもしづらくなります。

 その結果、患者さんからの医院全体の評価を高めることができません。

職人の先生のニーズ

 院長先生が診察に集中するためにも、物療を効率的に運営することが重要です。そこで、体制を変化させることが効果的です。それがリハビリ事務の活用です。通常リハビリ助手は全員同じように動いています。そのため、チームとして効率的に動くことができません。

 しかし、リハビリ事務を導入すれば、リハビリ助手は患者対応に集中できるため、接遇力を維持できます。また、リハビリ事務は事務作業等に集中できるため、全体を把握できます。さらにリハビリ事務が客観的に業務を見ることで、効率化できる方法が発見できます。

 そして、リハビリ事務が他部署の状況が分かることで、経営意識が高まります。これにより、職人の先生の想いをより理解でき、協力しやすくなります。さらに自ら課題を解決することで、院長先生のスタッフマネジメントの負担も減ります。

 また、忙しい中でも患者さんはリハビリ事務とコミュニケーションをとれることで、満足度を高めることができます。

参画経営で大切にしていること

 参画経営では院長先生が診察に集中しながら、物療業務を管理するためにリハビリ事務を活用します。これにより、リハビリ助手は物療業務に集中でき、接遇力も維持することができます。また、リハビリ事務がいることで、情報共有が密になるため、診察に集中できます。

 その際は院長先生が現場に基づいてリハビリ助手と話す機会を設定することはしません。確かにコミュニケーションをとることは大切ですが、これでは細かい現場の話になり、効率的に話すことができません。そのため、リハビリ事務を導入することで、論点を絞ります。

 そこで、さんかくけいではリハビリ事務の具体的な業務内容の明確化、リハビリ事務と各部署の情報共有の促進、リハビリ事務とリハビリ助手の業務分担等をサポートします。

 これにより、患者さんはリハビリ事務と話しやすくなるだけでなく、他のスタッフもリハビリ事務を中心に情報を共有することで、リアルタイムで現場の判断できます。

 下記の詳しくはこちらでは三方が良くなる「リハビリ事務の活用」について聞いた内容をお伝えします。

            詳しくはこちら

  チームワークを強化する  助手の動線を確認する  施術スタッフを活用する

WEB経営セミナー「さんかくすい」