整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

フリースタッフを活用する【経営分析】

「フリースタッフを活用する」の現状の課題

 院長先生とスタッフからフリースタッフの活用に対するお話を伺いました。

 院長「スタッフは通常の業務に慣れているので、新たな業務をする気持ちはないと思います。また、フリーといっても、何をするのか明確にしなければ、こちらが意図しているように動いてくれないと思います。」

 院長「患者さんは事務スタッフが診察室に入っていると不安になると思います。これはスタッフも同様に感じて、居づらくなるんじゃないでしょうか?やはり同じスタッフがいることで、患者さんもコミュニケーションがとりやすいですよね。」

 スタッフ「今も忙しい時間帯があるので、これ以上新しい取り組みをするのは厳しいです。言いにくいのですが、自分達だけが忙しくなるのは不公平さを感じます。何をすればいいのか任されたら、結局同じ業務をしますね。」

「フリースタッフを活用する」の目標・ニーズの明確化

 院長「忙しい時や確認したい時にスタッフにお願いすれば、情報を収集できれば安心しますね。また、忙しい時にちょっと手伝ってくれるだけも僕もナースも助かると思います。また、僕が考えているアイデアを共有できれば、より自分が理想とする診療を実現できますね。」

 院長「各部署に余裕が生まれれば、コミュニケーションをとる機会が増えると思います。協力し合うと医院の雰囲気が良くなり、患者さんも安心して来院することができます。」

 スタッフ「誰でも業務を担当できると、休みやすくなり、フォローしやすくなるため、みんなの負担も減るといいですね。教えやすくりますし。自分がこの医院で必要とされているなあとより思えるかもしれません。」

このような医院で効果的です

 忙しい時間帯がある、スタッフを採用する余裕がない、各部署の情報を知りたい、接遇力を高めたい、前向きなスタッフがいる、診察を効率化したい、開業年数が長い

「フリースタッフを活用する」の課題解決のためのご提案

 1つ目は現状の診察業務を確認してください。現状の業務を確認する際は、スタッフが業務についてどのように感じているか把握することで、効率化できます。これにより、全体の接遇力が高まります。

 2つ目はスタッフへどの業務を移管できるか考えます。これは院長先生だけのアイデアだけでなく、各部署で業務について話し合う事で、医院全体の業務が改善します。これにより、経営意識も高まります。

 3つ目は各部署の連携を促進します。これによりフリースタッフは他のスタッフから必要とされ、フリースタッフの働きがいも生まれ、医院全体に良い影響が生まれます。その後院長先生の理念を伝えることで、課題を共有するようになります。

 下記の「詳しくはこちら」では経営アドバイス導入後、フリースタッフの活用に成功した事例を詳しくお伝えしております。

詳しくはこちら

 初診対応を強化する  コンシェルジュを活用する  報告する仕組みを作る

WEB経営セミナー「さんかくすい」