整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

フリースタッフを活用する【成功事例】

 フリースタッフを活用した成功事例の医院では現状の診察業務の確認、スタッフへの業務移管の検討、各部署への連携の促進の3つに取り組みました。

 1つ目は現状の診察業務を確認しました。フリースタッフとは受付やリハビリ助手など一般スタッフが複数の業務を柔軟的に担当します。フリースタッフはカルテの流れや患者さんの顔が分かっているため、各部署1人採用しなくても、忙しい時間帯により、ポジションを変えます。

 まずは現状の診察業務を確認して、どの業務に負担がかかっているのか把握しました。また、院長先生や看護師の要望を確認しました。

 2つ目はスタッフへの業務移管を検討しました。突然ポジションと業務担当が変わることで、スタッフが混乱する可能性がありました。そこで、まずは目的を伝えました。院長先生と看護師の業務はこういう意味があるのだと理解してもらうことで、自己判断できるようにしました。

 3つ目は各部署への連携を促進しました。患者数が多い時間帯には柔軟に業務に対応しなければなりません。そのため、自らの業務を遂行するだけでなく、各部署へ連携を促進しました。

 忙しさを予測することは難しいため、フリースタッフが活躍することで、他部署の負担が減り、忙しい中でも情報を共有することができました。

参画経営の特徴を解説

 スタッフが前向きに他部署をフォローしたいという気持ちがあります。フリースタッフは1つ間違うと、自分達だけが忙しいという不満につながります。院長先生は感謝しても、長期間勤務するとフォローが当然と感じる可能性があります。そのため、自分の部署だけでなく、他部署をフォローしたいという気持ちが前提になければ、業務を維持することは難しいです。

 また、忙しい中でもスタッフ全員が患者さんのために何ができるのか考えています。その上で時間帯により、負担が増える分をどのようにサポートし合うことができるかを考えています。

クライアントの声

 院長「各部署の接遇力が良くなりました。今までは忙しくなると、スタッフの余裕がなくなり、接遇力が疎かになっていました。また、患者さんからの情報を収集できることで、ミーティングが活性化しています。フリースタッフに相談することで、短期間で各部署の情報を共有できるので、心強い存在です。」

 スタッフ「複数の業務を担当するスタッフがいることで、スタッフが休みやすくなりました。また、フリースタッフなら誰でも新人スタッフを教えやすくなったため、負担が減りましたね。各部署を俯瞰して見るようになりました。」

 現場での変化は下記の詳しくはこちらをご覧下さい。

詳しくはこちら

お問い合わせ例や動画内容

 フリースタッフを活用するために

・誰を任命すればいいのか分からない、伝え方も分からない

・スタッフ全員にフリースタッフの導入目的を伝えることができるか不安

・各部署の状況を把握して、どのように進めることができるかをお伝えさせていただきます。

 詳しくは下記の「お問い合わせ」よりフリースタッフの活用とお伝え下さい。

 また、参画経営を実現するために現状の診察業務の確認、スタッフへの業務移管の検討、各部署への連携の促進など具体的に取り組んでみたい場合は下記の「無料経営相談」よりご相談下さい。

signature01

お問い合わせ 無料経営相談 WEBセミナー登録

WEB経営セミナー「さんかくすい」