整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

フリースタッフを活用する【職人から参画経営】

職人の先生の傾向

 院長先生が診察に集中すると看護師のフォローが重要になります。しかし、患者さんは分散して来院するわけではないので、ある時間帯に集中します。その際は院長先生と看護師が連携して、効率的に診察することが求められます。これは看護師を1人採用するほどではありません。

 しかし、患者さんにとっては余裕を持って診察してほしい、待合室に患者さんが多くて過ごしづらいなどの印象を与える可能性があります。これでは院長先生が効率的に診察しても、よい印象を与えることができません。

 そこで、フリースタッフを活用します。フリースタッフとは受付やリハビリ助手など複数のポジションを担当できる一般スタッフです。

 フリースタッフがいることで、余裕のある時間帯は院長先生と看護師だけで対応でき、余裕のない時間帯はフリースタッフを活用することで、効率を維持できます。また、患者さんだけでなく、院長先生も質問したり、業務を依頼できるため、負担が軽減します。

 つまり、フリースタッフが成長してフォローが増えることで、診察の効率化が推進します。忙しい中でも患者さんへの接遇力が高まります。

職人の先生のニーズ

 院長先生は診察に集中したいと考えているため、自分以外でもできる業務は何か、自分が担当したい業務は何かを明確にします。それを看護師が担当するのか(もちろん看護師しかできない業務以外です)、フリースタッフが担当するのかを決めます。

 その後、フリースタッフに何を依頼したいのか目的と共に伝えます。その際は看護師も情報を共有することで、看護師とフリースタッフが自主的に話し合い、連携することができます。

 初めてフリースタッフを導入する場合は既存スタッフの方が良い傾向があります。既存スタッフは患者さんの顔と名前を覚えている、受付の場合は業務の流れが分かる、看護師とも仲が良いため連携しやすい等のメリットがあります。

 また、院長先生も既存のスタッフのことは把握しているため、スタッフマネジメントの負担を増やさずに診察に集中できるようになります。さらにフリースタッフに他部署からの情報を判断してもらえるため、より効率的な診察を実現できます。

 しかし、単純にフリースタッフを導入する(初めて診察室に一般スタッフを配置する)と、上手くいきません。そのために参画経営が必要なのです。

参画経営で大切にしていること

 参画経営では院長先生が診察に集中するためにフリースタッフを活用します。そこで、忙しくなった場合にどのように対応するか、看護師を交えて明確化します。これにより、お互いの長所を発揮し、業務に集中できるようになります。

 その際はフリースタッフの想いを反映せずに業務を明確にはしません。いくらフリースタッフが担当できるといっても、一般スタッフであり、また主となるポジションがあるので、潜在的な不安がある可能性があります。そのため、何から担当できそうか等想いを確認します。

 そこで、さんかくけいでは院長先生が忙しい際にフォローしてほしい内容、看護師とフリースタッフの連携と情報共有の促進、フリースタッフがいない際の各部署のフォロー体制等をサポートします。

 これにより、患者さんはフリースタッフを中心に各部署の流れを含めて自分のことを覚えてくれていると安心し、満足度が高まります。その結果、フリースタッフは新たなフォローをするだけでなく、客観的な視点から診察業務を効率化することができます。

 下記の詳しくはこちらでは三方が良くなる「フリースタッフの活用」について聞いた内容をお伝えします。

            詳しくはこちら

  初心対応を強化する  コンシェルジュを活用する  報告する仕組みを作る

WEB経営セミナー「さんかくすい」