整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

患者数を増加する【現場】

 患者数を増やすといっても結果だけを重視するのか、丁寧な診察をしていれば、結果として増患できると考えるかでは最初の姿勢が異なります。スタッフとしてもどのくらい患者数が集まればいいのか、院長先生の想いは何かを知りたいといった場合があります。

 

 増患に関して、スタッフが納得していなければ、潜在的な不満だけでなく、行動力も高めることができません。

 

 その結果、漠然と患者数を増やしたいというイメージだけ残るようになります。これはスタッフの理解力が問題だけでなく、院長先生が増患についてどう考え、どのように伝えるのか改めて考えるきっかけになります。

 

 まずは現状の患者数を把握することです。現状を知らなければ、目標まで到達することができません。また、目標を把握していなければ、具体的な施策を考えることもできません。

 

 増患のイメージを悪く捉えていれば、前向きに行動することができません。その際は理念を明確にすることが先決です。

 

 理念を具体化して伝えることで、増患へのイメージを共有できます。自院はどのような診察を実現したいのか、スタッフにはどのように接してほしいのか考える機会になります。

 

 患者数は季節や他院の状況によって、変わります。そのため、どのくらい増患が必要かといった基準はありません。ただ、最も分かりやすいのは昨年の患者数と今年の患者数を比較することです。

 

 そのように考えるとどの点を意識すればいいのかが分かります。例えば、レセプト枚数なのか1日の総患者数なのかです。

 

 これにより、対策が異なります。設定した数字を達成するためにはどうすればいいのか考え、協力体制を整えます。

 

 日常生活において身体の痛みがでた時に自院を思い出してもらえるかは重要です。これは増患というより企業経営も同様に考えることができます。何かあった時に思い出してもらえるということはイメージに残っているということです。

 

 さらにそれが良いイメージとして地域に根付いていればいるほど、口コミが維持しやすくなります。これにより、既存の患者さんだけでなく、地域全体としてイメージが浸透し、地域への情報発信の効果が期待できます。

  患者層を知る  アンケートを実施する  来院回数を増加する

WEB経営セミナー「さんかくすい」