整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

患者数を増加する【経営分析】

「患者数を増加する」の現状の課題

 院長先生とスタッフから患者数を増加することに対するお話を伺いました。

 院長「患者さんはお客さんではないため、自分達の診療を丁寧に続けていれば、評価されると思います。確かに患者数が少なくなる時期はあるのですが、少し経過すると元に戻るため、今のところ対策は必要ありません。」

 院長「患者さんはあまり待合室が混雑すると快適に過ごせないため、適度に余裕がある方がいいと思います。スタッフともコミュニケーションをとれますし、待ち時間も短くなります。やはり自分の診療に集中して欲しいという気持ちが強いと思います。」

 スタッフ「患者数が多くなれば、いいということではないと思います。それよりも目の前の患者さんに向き合う方が大事だと思います。確かに接遇も大事だと思いますが、やはり院長の診察が一番重要だと思います。」

「患者数を増加する」の目標・ニーズの明確化

 院長「余裕のある時間帯にもう少し患者さんが来院してもらえるといいですね。そのためには忙しい時間帯に余裕が出るように業務を改善したいですね。ミーティングしてもいいと思います。空き時間になるとスタッフが何をしているのか気になることもあるので。」

 院長「再診の患者さんだけでなく、口コミなどで自然に初診の患者さんがもう少し増えるといいですね。そのためには情報を伝えることが大事ですよね。まずはスタッフが患者さんに積極的にコミュニケーションをとってほしいです。」

 スタッフ「増患するための行動は賛成ですが、目標を教えてもらいたいです。目標に今どのくらい近づいているのかが分かれば、やりがいも生まれます。去年と比べてもらってもいいです。忙しい部署をフォローしたいです。」

このような医院で効果的です

 患者数を増やしたい、スタッフのモチベーションが高い、スタッフの経営意識を高めたい、口コミを増やしたい、経営を安定させたい、競合の施設が多い、診療に集中したい

「患者数を増加する」の課題解決のためのご提案内容

 1つ目は今の患者数を確認しましょう。これが不明確であれば、院長先生だけでなく、スタッフも現在の達成度合いを知ることができません。さらに時間帯や季節によって医院独自の数値の影響を把握します。

 2つ目は業務改善を検討します。業務を改善しなければ、スタッフの負担や不満が生まれます。患者数が増えることは医院が評価されているため、それをきっかけに効率化します。

 3つ目は情報発信を強化します。これまで院内掲示だけ実施していた場合はホームページを製作します。これが機能していれば、自然に口コミが発生することになり、診療に集中できます。

 下記の「詳しくはこちら」では経営アドバイス導入後、患者数を増加することに成功した事例を詳しくお伝えしております。

詳しくはこちら

   来院回数を増加する   患者層を知る   アンケートを実施する

WEB経営セミナー「さんかくすい」