整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

患者数を増加する【職人から参画経営】

職人の先生の傾向

 患者数を増やす・・・。職人の院長先生にとってはそのようなことは考えたことがない、もしくは考えなくても自分が望む診察が実現すると自然に後からついてくると思っています。職人の院長先生にとって、自分の診察の技術力があるのは当然と考えなければ開業はできません。

 ただ、私達がお伝えしたいことは院長先生の職人としての診察の技術力を知らない場合があるということです。いくら技術力が高くても、知ってもらえなければ別の医院や施設に流れてしまうことになります。

 もちろん、先生にとっての患者さんを自院だけに来院する患者さんにするのか、地域の潜在的な方々にするのかで異なります。もし、後者に設定するならば、情報発信をすることはその方々のために必要です。

 無理に来院してもらうために情報を発信するのではなく、本当に先生の診察を求めていらっしゃる患者さんに伝えることは地域の整形外科診療所として必要な部分もあると思います。

 これにより、患者さんが安心して来院できるだけでなく、知人等にも伝えやすくなります。

職人の先生のニーズ

 もちろん患者さんはお客さんではないため、それを増患や集患という言葉で一括りにして考えるのは良くないと思います。ただ、それを職人の院長先生として、ネガティブに捉えるのではなく、医院を知らない人に知ってもらう活動を少し視点を拡げて頂くことを推奨しています。

 現在の職人の院長先生が思い通りに診察できると、患者数や経営を考えていなくても、患者さんは集まると確信しています。後は診察だけでなく、リハビリに来院する効果を感じること、受付の印象を高めることなども増患や集患には必要です。

 もちろん患者さんが来院する一番の理由は院長先生の診察ですが、それに問題がなければ、患者さんのためにリハビリや受付を改善することや情報を発信することも患者数を増やすことにつながります。

 もし、院長先生がご自身の想いを伝えることができなければ、患者さんも知らないまま他の施設や医院に通い続けることになるかもしれません。安心して日常生活が送れることも地域の整形外科診療所の役割の一つです。

参画経営で大切にしていること

 参画経営では院長先生の診察が集中して、その診察の長所を患者さんに伝える仕組みを整えます。これは通常の院長先生の診察が伝わっていないということではなく、自院に来院したことがない方にも伝える仕組みを作るということです。

 その際は院長先生が情報発信や他部署の業務を改善することはしません。これでは院長先生が診察に集中できなくなってしまい、長所が発揮できません。また、ご自身を知りすぎていると客観的な患者目線で情報を発信することができません。

 そこで、さんかくけいでは院長先生が大事にしている診察の想いの明確化、医院の長所を伝える各種情報発信体制の構築、患者さん目線で各部署の業務を改善する方法等をサポートします。

 これにより、患者さんは自院のより一層のファンになるだけでなく、自院に来院したことがない方々に対しても、客観的に医院の良さを伝えてもらえます。それが自然な医院の宣伝につながり、診察に集中できます。

 下記の詳しくはこちらでは三方が良くなる「患者数の増加」について聞いた内容をお伝えします。

             詳しくはこちら

   来院回数を増加する   患者層を知る   アンケートを実施する

WEB経営セミナー「さんかくすい」