整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

アンケートを実施する【職人から参画経営】

職人の先生の傾向

 職人の院長先生が診察に集中すると、客観的な患者視点が分かりづらくなります。もちろん、患者さんの中にはご自身の要望を院長先生や診察スタッフに直接話す方もいますが、忙しそうだと感じて遠慮する場合があります。

 また、スタッフも自分達の業務に慣れていることや、院長先生に対して言いづらいこともあるため、お互いにもっとこうしてほしいという要望があっても、なかなか伝えづらいものです。

 そのため、アンケートを実施します。特に開業年数が長い医院の場合は効果的です。開業年数が長いと院長先生、スタッフ、患者さんの三方とも現状のままで良いと考える傾向があります。その結果、医院がより良くなるために新たな取り組みができません。

 そこで、患者さんはアンケートにより、普段言いづらいことが言えるだけでなく、医院が患者さんに寄り添っていることが分かり、印象が良くなります。また、改善事項を伝えてもらうことで医院の真摯な姿勢が伝わります。

職人の先生のニーズ

 それではアンケートを実施しようと院長先生が考えても、実行に移すのは簡単そうで、難しいです。その一つにスタッフの抵抗が考えられます。スタッフは忙しいためできない、患者さんの中には書きづらい方もいると考えて、躊躇する場合があります。

 しかし、本音としては自分のことを書かれるかもしれない、自分達がやっていることが否定されるかもしれないと考える場合があります。もちろん、これは医院にとって経営を向上させる新たなヒントなのですが、スタッフにとって怖いことでもあります。

 ただ、アンケートを実施しなければ、現状のままでよいという考えて、行動を起こすことができません。現在の取り組みについて、患者さんに聞くことは経営上大切なことです。

 そのため、アンケートの実施を決意すると、誰にアンケートを配布するのか、配布する枚数や時間帯はどうするのか、誰がどのような声かけをして渡すのか、アンケートの文章はどうするのか、また結果はどのようにフィードバックするのか等を予め考える事が効果的です。

参画経営で大切にしていること

 参画経営では院長先生が診察に集中しながら、患者さんの医院に対する評価を客観的に把握する仕組みを作ります。そのため、アンケートの仮説作りからアンケート文章の作り方、配布する枚数や結果の公表の仕方までアンケートの仕組みを構築します。

 その際は院長先生がスタッフにアンケートの目的やその実施方法まで伝えることはしません。これでは院長先生に負担がかかるだけでなく、スタッフも質問しづらいことや、納得できないまま始める可能性があります。そうなると三方とも良くなりません。

 そこで、さんかくけいでは具体的なアンケートの配布方法から結果の公表の仕方までの流れの明確化、スタッフへのアンケートの実施目的の浸透、アンケート結果を今後の経営に活かす施策作り等をサポートします。

 これにより、患者さんは伝えたい内容を伝えて、それが反映すると満足感を得ることができます。また、院長先生も客観的な患者さんの要望が分かり、スタッフにも伝えやすくなります。スタッフも自分達の頑張りを評価してもらうこともできます。

 下記の詳しくはこちらでは三方が良くなる「アンケートを実施する」について聞いた内容をお伝えします。

             詳しくはこちら

   来院回数を増加する   患者数を増加する   患者層を知る

WEB経営セミナー「さんかくすい」