整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

来院回数を増加する【経営分析】

「来院回数を増加する」の現状の課題

 院長先生とスタッフから来院回数を増加することに対するお話を伺いました。

 院長「診察の来院回数は診察時に伝えますが、リハビリのおおよその来院回数までは伝えていません。診察は忙しく、患者さんが多いため、詳細に把握する余裕はありません。術後の患者さんはリハビリと連携していますが、慢性疾患までは手が回りづらいです。」

 院長「患者さんは自分で好きな時間に来院されます。そのため、医院側で来院回数を伝えても、効果が薄く、強制力を感じさせることは良くないと思います。また、天候などにも影響されますし、予約がないので、自由に来院して欲しいです。」

 スタッフ「私はドクターではないので、来院回数についてお伝えできません。そのため、物療は可能な範囲で来院して下さいと伝えるようにしています。何か分からない時は施術の先生方に聞くようにしています。その方が患者さんも納得しますし。」

「来院回数を増加する」の目標・ニーズの明確化

 院長「スタッフに来院する目的と効果を伝えたいですね、今は余裕がありませんが。目標が分かれば、スタッフとそのために何をすればいいのか話し合うことができると思います。看護助手は難しいと思いますが、看護師なら時間があれば、説明できますね。」

 院長「余裕のある時間帯も伝えることで、患者さんの待ち時間を減らしたいです。主任クラスを中心に医療知識が高まれば、患者さんの来院回数を把握しようという気持ちも生まれます。」

 スタッフ「医院全体で患者さんのことを把握できるといいですよね。物療機器の効果が分かるのですが、スタッフで統一できていないので、再度共有したいです。受付も含めて、朝礼などを通じて、話し合ってもいいかもしれません。」

このような医院で効果的です

 患者数を増やしたい、スタッフが業務中心である、医院の雰囲気を高めたい、スタッフの経営意識を高めたい、診察は忙しい時間帯が長い、リハビリスタッフのモチベーションが低い

「来院回数を増加する」の課題解決のためのご提案

 1つ目は今の来院回数を把握しましょう。目標が分かれば、スタッフに行動する理由を納得させることができます。まずは診察室から新たな取り組みを始めることで、各部署へ波及します。

 2つ目は診察時に来院回数を高める工夫をして下さい。診察を効率化して、院長先生やスタッフの余裕を生み、来院回数等について説明する時間を確保します。

 3つ目はリハビリでも来院回数を高めます。リハビリは診察と組み合わせることで、相乗効果が生まれます。そのため、施術スタッフを中心に情報を共有し、診察をフォローして下さい。

 下記の「詳しくはこちら」では経営アドバイス導入後、来院回数を増加することに成功した事例を詳しくお伝えしております。

詳しくはこちら

   患者数を増加する   患者層を知る   アンケートを実施する

WEB経営セミナー「さんかくすい」