整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

来院回数を増加する【職人から参画経営】

職人の先生の傾向

 院長先生が診察に集中するためには患者さんの疾患を把握し、継続的に患者さんを診ることが重要です。そのためには診察だけでなく、リハビリに定期的に来院してもらうことで、疾患の痛みが緩和します。これにはスタッフの雰囲気等も重要です。

 もちろん、診察に集中することで、患者さんは丁寧に診てもらえたことに満足度が高まりますが、来院回数を増加するためには説明をフォローする体制も必要です。これにより、患者さんの潜在的な想いをくみ取ることができるため、安心感が醸成できます。

 院長先生が全て診察できればいいのですが、患者さんは診察室では緊張している可能性もあるため、いかに他部署のスタッフがフォローできるかが重要です。他部署から患者さんの情報を共有できることもあります。

 そのため、院長先生は診察に集中するために何をスタッフに担当してほしいのか明確にして、伝えます。これにより、患者さんは院長先生の丁寧な診察に加えて、リハビリの接遇力の高さなど医院の長所に共感し、来院の必要性を感じます。

職人の先生のニーズ

 もちろん院長先生は患者さんに自由に来院してほしいと考える場合があります。しかし、患者さんにとってはどの程度の頻度で来院すればいいのか伝えてほしい場合もあります。また、院長先生が来院回数を伝えていても、患者さんには伝わっていない場合があります。

 そこで、職人の院長先生は全てを説明したいという想いがありますが、患者さんがスタッフに来院回数を質問した場合にどのように答えればいいのか答え方を統一することも大事です。もちろん、質問があった際には院長先生に伝えてもらう方法もあります。

 これにより、患者さんは院長先生だけでなく、医院全体で診てもらえているという安心感があるため、来院回数が増加します。その結果、患者さんの疾患が良くなるだけでなく、経営も安定しやすくなります。

参画経営で大切にしていること

 参画経営では院長先生が診察に集中して、患者さんの疾患の痛みを緩和するために来院回数を増加させる体制を整えます。そのためには院長先生が余裕を持って説明する体制を構築するだけでなく、スタッフが説明をフォローする体制も構築します。

 その際は院長先生が来院回数を含めて、全てスタッフに説明することはしません。これでは院長先生に負担がかかってしまうため、スタッフが質問に対してどのように答えればいいのか、またどのタイミングで院長先生に確認すればいいのか自主的に判断できるような体制を作ります。

 そこで、さんかくけいでは院長先生が来院回数について説明したい内容の明確化、来院回数を説明するためのスタッフのフォロー体制の構築、患者さんから質問しやすくする雰囲気作り等をサポートします。

 これにより、患者さんは安心して来院できるだけでなく、来院する必要性を感じ、自身の疾患により向き合えるようになります。また、スタッフも医療知識を向上しようという意識も高まるため、スタッフの教育にもつながります。

 下記の詳しくはこちらでは三方が良くなる「来院回数の増加」について聞いた内容をお伝えします。

               詳しくはこちら

   患者数を増加する   患者層を知る   アンケートを実施する

WEB経営セミナー「さんかくすい」