整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

患者層を知る【成功事例】

 患者層を知った成功事例の医院ではスタッフへの目的の浸透、患者層を知る仕組みの検討、ターゲット層の決定の3つに取り組みました。

 1つ目はスタッフに目的を浸透しました。患者層を知ることで、自院の状況や今後の対策を検討することができます。これが明確でなければ、良かった点や改善すべき点が分かりません。そうなると結果が積み重なっていきません。

 そこで、スタッフになぜ患者層を知る必要があるのか伝えました。患者層を知るためにスタッフにも協力してもらい、負担を軽減しました。

 2つ目は患者層を知る仕組みを検討しました。電子カルテで、統計をとりました。これにより、患者層だけでなく、来院地域を知ることができました。

 また、電子カルテがなければ、問診票やカルテから統計をとることができます。カルテが難しい場合は初診の問診票から統計をとる方法があります。問診票を工夫することで、来院経路も知ることができます。

 3つ目はターゲット層を決めました。これにより、多い患者層に情報発信をするのか、少ない患者層に発信するのか検討しました。基本的には多い患者層に対して、情報を発信します。まずは漠然と伝わっていることを把握して、長所を明確化することで、口コミが発生します。

参画経営の特徴を解説

 スタッフが患者層を把握しようとしています。通常スタッフは患者さんの顔や特徴を把握しています。そこで、この時間帯はこのような層が多いという視点等があれば、スタッフは前向きに患者層を知ることができます。

 スタッフが情報発信の必要性を感じています。しかし、患者層をどうすれば情報発信等に活用できるかという視点はありませんでした。そのままではスタッフは収益のために実施していると誤解する可能性があるため、より地域に自院の長所を伝えるという目的を浸透させました。

クライアントの声

 院長「情報発信の効果を感じるようになりました。天候や気候、競合にも影響を受けにくくなり、経営が安定しています。情報発信により、増患しているため、スタッフも働きがいが生まれています。」

 スタッフ「経営について考えるようになりました。情報発信や新たな取り組みをすることで、初めて経営が現状維持できるいうことが分かり巻いた。そのため、業務を改善しようという気持ちが生まれました。」

 現場での変化は下記の詳しくはこちらをご覧下さい。

詳しくはこちら

お問い合わせ例や動画内容

 患者層を知るために

・効果的に情報発信に取り組みたい

・昨年に比べて、時間帯によって患者数にばらつきがある

・現状の患者層を知るために実施できる方法をお伝えさせていただきます。

 詳しくは下記の「お問い合わせ」より患者数を知るとお伝え下さい。

 また、参画経営を実現するためにスタッフへの目的の浸透、患者層を知る仕組みの検討、ターゲット層の決定など具体的に取り組んでみたい場合は下記の「無料経営相談」よりご相談下さい。signature01

お問い合わせ 無料経営相談 WEBセミナー登録

WEB経営セミナー「さんかくすい」