整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

患者層を知る【職人から参画経営】

職人の先生の傾向

 職人の先生は年齢や地域や紹介経路等に関係なく、目の前の患者さんに対応しています。もちろん、患者さんを区別することは良くありませんが、今後のマーケティングのために自院の患者層を知ることは大切です。

 職人の先生にとって、疾患の痛みが緩和することが最優先ですが、経営者として自院の患者さんはどのような層なのか考えることは大事です。これにより、自院の長所が浸透している患者さん、知らない患者さんなどを把握することができます。

 また、全国の整形外科診療所の患者統計と比較して、自院の特徴を知ることも可能です。これにより、情報発信に活用することができます。高齢者が多いなどと一括りにしては増患や集患について考えることができません。

 その結果、漠然と情報を発信する、もしくは情報発信しても効果を感じることができず、診察に集中しづらくなります。患者層に合わせた情報発信によって、患者さんも自分事として捉えることができるため、来院の必要性を感じます。

職人の先生のニーズ

 丁寧な診察を継続することが増患や集患につながるように予め患者層を知っておくことは重要です。これを負担と考えて、他院と同様に情報を発信していなければ、自院の長所を潜在的な患者さんに伝えることができません。

 ただ、自院の患者層を知ったとしても、それを院長先生だけが把握していては効果的な対策を立てることができません。そのため、スタッフに伝えることで、院長先生とスタッフが協力して、対策を検討します。

 また、スタッフも自院の長所や短所を把握できるため、患者層に合わせて、接遇力の向上や情報を発信することができます。スタッフを巻き込まなければ、院長先生だけが負担を抱えると感じ、患者層を知ろうと考えづらくなります。

 現在は地域の中で様々な施設が情報を発信しています。その中で自院も地域の中で認知度を高めるために患者層を知ることから始めます。

参画経営で大切にしていること

 参画経営では院長先生が診察に集中して、地域に自院の長所が伝わり、自院が考える患者さんが来院するようになります。もちろん、丁寧な説明をすることで、増患しますが、潜在的な患者層には伝わりづらいため、特定した患者層に対して、自院の長所を伝える体制を作ります。

 その際は院長先生がスタッフに患者層を伝えることや、情報を発信しません。これでは院長先生が診察の技術力を向上させる時間がなくなってしまいます。そのため、効率的に患者層を知る仕組みを作ります。

 そこで、さんかくけいでは自院の患者層の長所や短所の明確化、患者層を特定した情報発信の仕組み作り、スタッフに自院の長所を伝える方法等をサポートします。

 これにより、患者さんは自分事に情報を捉えることができ、友人や知人にも安心して情報を伝えることができます。そのためには予め自院や地域の患者層を把握することが重要です。

 下記の詳しくはこちらでは三方が良くなる「患者層を知る」について聞いた内容をお伝えします。

詳しくはこちら

   来院回数を増加する   患者数を増加する   アンケートを実施する

WEB経営セミナー「さんかくすい」