整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

理念を浸透する【成功事例】

 理念を浸透した成功事例の医院では理念浸透の仕組み作りの検討、情報共有の体制作り、院外への情報発信の3つに取り組みました。

 1つ目は理念浸透の仕組み作りを検討しました。理念を策定した後はスタッフや患者さんに伝えなければ効果が弱いです。もちろん、院長先生がご自身を振り返るということも大事ですが、やはり伝えてこそ効果があります。

 そのためにいつ、誰に、どのような形で伝えるのかを考えました。そこで、理念は時間をとって伝えるなど業務外で機会の設定を検討しました。まずは現在の評価と今後の方向性を示す事を検討しました。もし、過去の振り返りのみお話ししては私達には関係ないと感じます。

 2つ目は情報共有の体制を作りました。これはミーティングや朝礼など話し合う機会を検討しました。これにより、スタッフにも話し合う姿勢を示すことができます。

 その場合は具体的な場面を設定して、伝えました。開業年数が長い場合はスタッフに伝わりづらい場合が多いです。そのため、具体的に判断基準を示しました。理念を伝える機会を恒例にすることで、新人スタッフにも伝わり、医院の統一感が高まりました。

 3つ目は院外へ情報を発信しました。スタッフだけが理解しても、患者さんにも伝えることで、医院の姿勢を示すことができます。もちろん、そこまでする必要はあるのかと考える院長先生もいらっしゃいますが、スタッフの気持ちを引き締める効果がありました。

 これにより、医院経営の課題が明確になりました。その後、院外の掲示物だけでなく、ホームページにも掲載することで、口コミにもつながりました。

参画経営の特徴を解説

 スタッフが院長先生の考えを理解しています。そのため、スタッフ同士で伝え合うことでより具体的に理解でき、院長先生もマネジメントの負担が減ります。これは主任クラスが院内で機能していることも影響します。

 積極的に情報を共有しています。今日は何かありませんかという申し送り程度では理念を浸透させる機会まで設定しづらいです。部署間の課題を話し合う機会を活用することで、スタッフに伝えやすくなります。大事なことはスタッフが課題を理解していることです。

クライアントの声

 院長「スタッフに自主性がでてきています。スタッフは現場において、理念に基づき判断することができています。私の考えを分かってくれています。以前は物事を確認するのに時間がかかり、多少ストレスも感じていました。」

 スタッフ「院長先生と以前よりも話す機会が増えました。スタッフの考えも昔より聞いてもらっています。口コミを生みだす理由まで伝えてもらっていることで、安心して働くことができています。私の仕事が役に立っていると感じるのが嬉しいです。」

 現場での変化は下記の詳しくはこちらをご覧下さい。

詳しくはこちら

お問い合わせ例や動画内容

 理念を浸透するために

・スタッフに伝えても、伝わりづらいと考え、きっかけもない

・開業時からのスタッフが2割以下になっており、理念が伝わっていない

・具体的に理念を現場に落とし込み、患者さんに伝える方法をお伝えさせていただきます。

 詳しくは下記の「お問い合わせ」より理念を浸透するとお伝え下さい。

 また、参画経営を実現するために理念浸透の仕組み作りの検討、情報共有の体制作り、院外への情報発信など具体的に取り組んでみたい場合は下記の「無料経営相談」よりご相談下さい。signature01

お問い合わせ 無料経営相談 WEBセミナー登録

WEB経営セミナー「さんかくすい」