整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

理念を浸透する【経営分析】

「理念を浸透する」の現状の課題

 院長先生とスタッフから理念を浸透することに対するお話を伺いました。

 院長「スタッフは開業年数が長いため、私の考えが伝わっていると思います。なんか改めて伝えることにあまり意味を感じません。そうではなく、自然に伝わっていることが大事だと思います。ただ、新人スタッフはどうして気持ちが分からないのでしょうか。」

 院長「患者さんは医院の良い点を評価していただいているので、来院されています。だから私達もその期待に応えなければなりません。それには理念ではなく、個々人の意識が大事です。日々感謝の気持ちで働くのは当然です。」

 スタッフ「私達は毎日患者さんのために働いています。それを院長先生も分かって下さっていると思います。それなのにどうして時間をとって、理念というものを聞かなくてはいけないでしょうか。頑張っていないと思われているのでしょうか。」

「理念を浸透する」の目標・ニーズの明確化

 院長「やっぱり時間をとって、理念をまとめたいですね。新人スタッフにはどうしても私の考えが伝わっておらず、それを伝えるのは私の役割です。自分でモチベーションを高めづらいと思いますし、医院の方向性を示さないとスタッフもどこを目指していいのか分かりませんよね。」

 院長「患者さんの情報を密にとることで、患者さんを大事にしているという姿勢が伝わります。理念を伝えることで、事前に問題に対処できるため、結局みんなの負担が減ると思います。もちろん問題にもその都度対処するつもりです。」

 スタッフ「スタッフには様々な考えがあるため、分かり合えるといいですね。各部署で考えている内容も異なるため、ミーティングとまではいかなくても、お昼休みとかでも少し話せればいいですね。私もそうでしたが、新人はどうしても医院の文化が分かりませんから。」

このような医院で効果的です

 スタッフの気持ちを統一したい、ミーティングを実施している、スタッフ数が多い、開業年数が長い、口コミを発生させたい、主任クラスのスタッフがいる、新人スタッフが入ってくる、ホームページを作っている

「理念を浸透する」の課題解決のためのご提案

 1つ目は理念浸透の仕組み作りを考えましょう。いきなり院長先生がお話ししても、スタッフには伝わりません。伝えるためには準備をすることで、短時間で効果的に伝えます。

 2つ目は情報共有の体制を作ります。理念を伝えるには何度も機会を設けてお話しします。それがミーティングでも構いません。スタッフに聞いてほしいという姿勢を伝えます。

 3つ目は院外へ情報を発信します。院内の評価だけでなく、客観的な患者さんに評価されてこそ、理念が伝わったと判断できます。そのため院内掲示やホームページを活用します。

 下記の「詳しくはこちら」では経営アドバイス導入後、理念を策定することに成功した事例を詳しくお伝えしております。

詳しくはこちら

  理念を策定する  経営数値の落とし込み  方向性を伝える

WEB経営セミナー「さんかくすい」