整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

理念を浸透する【職人から参画経営】

職人の先生の傾向

 整形外科診療所経営において職人の院長先生が診察に集中するためには自分の想いが医院全体に浸透しているかが肝心です。その想いが理念です。理念が浸透していれば、スタッフが現場で自主的に判断できるため、働きがいも生まれます。

 しかし、理念が浸透していなければ、スタッフがそれぞれバラバラに働くようになります。これにより、医院の評価がスタッフで変わるため、口コミも発生しません。これは危険です。なぜなら頑張るスタッフが評価されることで、普通のスタッフの評価が低くなるからです。

 その結果、頑張っているスタッフも普通のスタッフに合わせるようになり、医院全体の接遇力が低くなります。その結果、問題が起こりづらくなりますが、結局増患のことを考える必要がでて、診察に集中しづらくなります。

 理念が浸透していなければ、スタッフの自主性を高めることができません。なぜなら、院長先生が何を大切にしているかが分からないからです。そのため、医院における行動の評価が個人に依存するようになり、優秀なスタッフが退職すると、効率が落ちます。

職人の先生のニーズ

 職人の院長先生が診察に集中するためには理念を理解したスタッフが集中して、業務を遂行することが重要です。業務が統一していなければ、患者さんの不満につながります。例えば、物療では新人ではなく、ベテランスタッフに機器を付けてほしいという要望があります。

 また、ベテランスタッフが退職すると、「別の医院に来ているようだ」と患者さんから評価されて、他院に流れるようになります。そこで、新人スタッフを早期に教育するためにも理念に基づき教育することが大切です。

 ただ、院長先生は診察に忙しく、スタッフも聞いていないと感じると伝えづらくなります。これにより、短期的には診察に集中することはできますが、長期的に考えると常に状況を判断する必要が生まれるため、負担がかかります。

 患者さんは理念を軸にして、医院の長所が伝わるため、医院全体の評価が高まります。

参画経営で大切にしていること

 参画経営では院長先生が診察に集中するために理念を浸透することが必要です。そのためには理念を浸透する仕組みを作ります。これはミーティングや年に何回かの研修を開催することです。また、理念を患者さんに伝える情報発信も重要です。

 さんかくけいでは院長先生が理念を浸透することはしません。理念はスタッフによって、浸透する度合いが違います。そのため、いかに丁寧に伝えても、伝わっているスタッフとそうでないスタッフがいます。

 そこで、さんかくけいではスタッフの現在の要望や課題の明確化、院長先生が関わりたい理念を伝える機会、理念に基づく情報発信等をサポートします。

 これにより、患者さんは医院が大切にしていることが分かり、来院回数も増加します。また、現場をスタッフに任せることができるため、院長先生は診察に集中できます。

 下記の詳しくはこちらでは三方が良くなる「理念を浸透する」について聞いた内容をお伝えします。

              詳しくはこちら

   理念を策定する   経営数値の落とし込み   方向性を伝える

WEB経営セミナー「さんかくすい」