整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

経営数値の落とし込み【職人から参画経営】

職人の先生の傾向

 整形外科診療所経営において職人の院長先生は診察に集中しています。もちろん患者数などの数字は意識していますが、それよりもご自身が強い想いを持って患者さんに向き合うことを重視している場合が多いです。これにより、患者さんも満足度が高まり、結果的に集患できます。

 院長先生と連携して、スタッフも毎日効率的に働きます。しかし、スタッフは方向性が分かっていても、何を目指しているかが分からない場合があります。そのため、モチベーションを維持しづらくなります。それを院長先生が感じて、再度目的をお伝えしても、難しいです。

 なぜならスタッフは数値を目指しているのか、患者満足度を目指しているのか分からないからです。職人の院長先生にとってはどちらも大事であり、いずれかをわけることはできません。ただ、漠然としたままでは潜在的な不満を感じたまま、勤務することになります。

 患者さんにとっては経営数値は関係ないですが、スタッフが目的を納得したまま勤務することで、接遇力が高まります。

職人の先生のニーズ

 職人の院長先生としてはスタッフは経営数値など考えずに目の前の患者さんのために熱心に接してほしいと感じています。もちろんスタッフも分かっていますが、今以上に患者さんのために働くためには目的を理解することが効果的です。

 さらにスタッフの経営意識を高めることは参画経営において重要です。例えば、医院は1日何人くらいの初診数を目指しているのかなどを知り、そのために何をすべきなのか考える習慣をつけることが大事です。これにより、スタッフの目標達成のモチベーションが高まります。

 経営数値を医院全体に落とし込むためには事前にスタッフに説明し、目標数値とそのために何をすべきか伝えておくことです。その後1年等経過した際に目標について院長先生からフィードバックして頂くことが効果的です。

 患者さんは経営数値は関係ありませんが、医院全体が目標のために行動することで印象が良くなります。

参画経営で大切にしていること

 参画経営では院長先生が診察に集中して、医院全体が目標を達成することで、良い流れを生みます。そのためにミーティング等を開催することで、新たな取り組みを開始します。目標がなければ、ミーティングの必要性もモチベーション向上の施策も必要ないと感じてしまいます。

 さんかくけいでは院長先生が経営数値のみお伝えすることはしません。これでは数値だけ意識していると誤解する場合があります。そのため、目標の設定理由と実行施策をお伝えします。

 そこで、さんかくけいでは院長先生が達成したい数値の明確化、スタッフの数値に関する経営意識の確認、目標達成のための実行施策等をサポートします。

 これにより、患者さんは医院全体でモチベーションを高くして、勤務していることが理解できるため、満足度が高まります。スタッフにも働きがいが生まれます。

 下記の詳しくはこちらでは三方が良くなる「経営数値の落とし込み」について聞いた内容をお伝えします。

              詳しくはこちら

   理念を策定する   理念を浸透する   方向性を伝える

WEB経営セミナー「さんかくすい」