整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

ミーティングの体制を作る【成功事例】

 ミーティングの体制を作った成功事例の医院では目的の明確化、議題の検討と確定、ミーティング体制の改善の3つに取り組みました。

 1つ目は目的を伝えました。目的は患者満足度を高める、スタッフの負担を減らすなどを検討しました。大事なことはスタッフが納得して、行動することです。これが中途半端なら少し問題が起きただけで、行動が止まってしまいます。

 また、目的は一貫性を持つことが大事です。最初は臨機応変に考えてほしいではなかなかスタッフは行動に移すことができません。

 2つ目は議題を検討し、確定しました。ミーティングにおいて最初難しいことは何を話していいか分からないことです。そこで予めスタッフと議題を共有し、考える習慣を作りました。

 また、最初に患者さんやスタッフのために考えているということを伝えたことで、責任感の強いスタッフは考えやすくなったようです。

 3つ目はミーティング体制を改善しました。ミーティングは参加者や議題や時間など決めることが多いです。他院で成功しているからという理由で導入しても継続できるとは限りません。

 そこで、まずは開催して、段々と修正して、医院に定着させました。ミーティング体制の改善は成功のイメージを持つことが大事です。修正すべき点は修正する必要がありますが、軸を決めて、より良くなるように進めました。

参画経営の特徴を解説

 スタッフが医院のことを自分事に捉えています。これにより、医院の課題を客観的に捉え、周りのスタッフに働きかけ、現場の情報を伝えています。その結果、決定内容が現場に定着しやすく、実行内容も修正しやすいです。

 また、スタッフ間のチームワークが良く、院長先生と主任クラスのコミュニケーションも良好です。これにより、スタッフの想いを反映しやすく、他のスタッフも意見しやすいです。

クライアントの声

 院長「ミスや退職を予防できていると思います。これまで何か問題が起きる前は予兆がありました。そのため、今は細かいことでも最初に対処することで、早期に問題に対応できています。また、議題について普段からコミュニケーションをとるようになりました。」

 スタッフ「物事を考えるようになりました。その結果、業務が改善でき、負担も減りました。これまでは業務を改善する時は院長先生からのきっかけがありました。それが今ではミーティングでお互いの考えが分かるため、より前向きに改善できています。」

 現場での変化は下記の詳しくはこちらをご覧下さい。

詳しくはこちら

お問い合わせ例や動画内容

 ミーティング体制を作るために

・今さらスタッフにどのように声をかければいいのか分からない

・実施しても、スタッフが話さないなどうまくいくか不安だ

・スタッフの考えを反映し、業務を改善する仕組み作りをお伝えさせていただきます。

 詳しくは下記の「お問い合わせ」よりミーティング体制を作るとお伝え下さい。

 また、参画経営を実現するために目的の明確化、議題の検討と確定、ミーティング体制の改善など具体的に取り組んでみたい場合は下記の「無料経営相談」よりご相談下さい。signature01

お問い合わせ 無料経営相談 WEBセミナー登録

WEB経営セミナー「さんかくすい」