整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

ミーティングの体制を作る【経営分析】

「ミーティングの体制を作る」の現状の課題

 院長先生とスタッフからミーティングの体制を作ることに対するお話を伺いました。

 院長「当院は開業年数が長く、スタッフ数も少ないため、スタッフ同士はお互いのことが分かっていると思います。スタッフがコミュニケーションをとれていると思っているのに、ミーティングを開催すると、不満ではないでしょうか。」

 院長「患者さんは医院の仲の良さや雰囲気などには敏感です。確かにそれは重要ですが、仲が良いために業務改善につながるアドバイスなどを実施していないと問題ですよね。これを放置するとあのスタッフは患者さんを選んでいるなど潜在的な不満が生まれます。」

 スタッフ「正直自分だけが動いていて、これで給与が同じなんて許せないなどと不満を聞くことがあります。また、スタッフ間ではコミュニケーションがとれていても、院長先生ととるのは難しいですよね。やっぱり院長先生にはなかなか相談できません。」

「ミーティングの体制を作る」の目標・ニーズの明確化

 院長「私がミーティングをしようという覚悟が必要ですよね。これがなければ結局みんなに迷惑がかかってしまいます。まずはスタッフがメリットを感じることから始めたいですね。無理やり開催することだけは避けたいです。目的を何度か伝えないといけないですね。」

 院長「患者さんが多くなってきているので、患者さんの満足度を維持して、スタッフの負担が増えないためにも業務を改善するきっかけが必要ですね。まずは1つに内容を絞り、現場の情報を伝えあい、患者さんに良いことを定着させたいですね。」

 スタッフ「事前にテーマを教えてほしいです。その考えた内容を予め参加者に伝えたいです。安心します。また、参加者も工夫しないといけないと思います。あの人とあの人が一緒になると話せないなど正直あると思います。」

このような医院で効果的です

 スタッフとコミュニケーションをとる余裕がない、開業年数が長い、スタッフ数が少ない、朝礼を実施していない、スタッフの考えが分からない、業務を改善したい、忙しい時間帯がある

「ミーティングの体制を作る」の課題解決のためのご提案

 1つ目は目的を明確にして下さい。これはスタッフの納得性を高めるだけでなく、新たな取り組みを開始する際の院長ご自身の納得を高める必要があります。ミーティングは一度開始するとやめづらいからです。

 2つ目は議題を検討して、確定します。最初順調に開始するためにも議題をしっかり決めて、検討内容を現場に定着させます。さらに効果を医院全体で共有します。

 3つ目はミーティング体制を改善します。テーマにあわせて参加者を変えることで、医院全体の自主性を高めることができます。まずは主任クラスを中心に開始することが良いです。

 下記の「詳しくはこちら」では経営アドバイス導入後、ミーティングの体制を作ることに成功した事例を詳しくお伝えしております。

詳しくはこちら

  ミーティングを運営する  部署間連携を促進する  提案する文化を築く

WEB経営セミナー「さんかくすい」