整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

ミーティングの体制を作る【職人から参画経営】

職人の先生の傾向

 職人の院長先生は診察に集中しているため、他部署の状況が分かりません。そのため、各部署やスタッフの課題が発生して初めて、課題に対応することになります。その結果、負担がかかります。そのため、早期に対応した方が簡単に解決できます。

 さらに部署の課題だけでなく、各部署の業務を改善する提案等も必要です。この体制が定着すれば、院長先生は診察に集中できるだけでなく、各部署も安心して業務を遂行できます。

 そのためにミーティングの体制を作ります。ミーティングがあるからといって、必ずしも話し合う必要はありません。大事なことはスタッフや院長先生が話し合う機会を設定することです。これがなければ、不満を抱えることになります。

 また、患者さんにとっても自らの要望や不満をスタッフに伝え、形になることで満足度が高まります。さらに話し合った結果を院内掲示等で知ることで、満足度も高まります。スタッフも質問に答えやすくなります。

職人の先生のニーズ

 職人の院長先生にとってはミーティングが苦手なことが多く、何を話せばいいのか、どのように始めればいいのか分かりません。また、負担だと感じるため、積極的に開始することができません。しかし、話し合う機会がなければ、スタッフの退職等につながります。

 その結果、人事問題に悩むことになります。そうなると、スタッフとの距離が離れることになり、診察に集中しづらくなります。また、患者さんにとっては医院とは診察室だけでなく、受付やリハビリ室もあります。そのため、医院の評価を高めづらくなります。

 そこで、ミーティング体制を作ることから始めます。そのため、院長先生はミーティングの目的を明確化する必要があります。これがなければ、負担のみ感じることになり、ミーティングに消極的になります。目的とは患者さんの満足度を高めること等です。

 ミーティングを開始する際はまずは患者さんのためにできることを議題に設定します。これにより、患者さんからの評価を得ることができ、スタッフも協力的になります。

参画経営で大切にしていること

 参画経営では院長先生が診察に集中しながら、医院経営を成長させるためにミーティングの体制を作ります。これにより、早期に課題を解決できるだけでなく、患者満足度を高めるための施策を実現できます。

 さんかくけいでは院長先生が主導になって、ミーティングを開始することはしません。これでは負担がかかるだけでなく、診察に集中できなくなります。またミーティングが機能しなければ、スタッフの不満につながります。

 そこで、さんかくけいでは院長先生のミーティングに対する想いの明確化、患者さんのための議題の設定、ミーティング体制の修正方法等をサポートします。

 これにより、スタッフが働きやすさと働きがいを感じるため、患者さんへの接遇力も高まります。また医院で新たな取り組みも始まるため、患者満足度を高めることにつながります。

 下記の詳しくはこちらでは三方が良くなる「ミーティング体制を作る」について聞いた内容をお伝えします。

              詳しくはこちら

  ミーティングを運営する  部署間連携を促進する  提案する文化を築く

WEB経営セミナー「さんかくすい」