整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

提案する文化を築く【経営分析】

「提案する文化を築く」の現状の課題

 院長先生とスタッフから提案する文化を築くことに対するお話を伺いました。

 院長「スタッフに意見があれば、私に言うのではないでしょうか。意見がないということは不満なく働いていると思います。やっぱり従業員から経営者にはなかなか言いづらいこともあるのですかね。その場合はスタッフ同士で考えて、伝えてくれればいいですが。」

 院長「患者さんは私が診察で忙しいため、スタッフにリクエストを伝えてもらっていると思います。患者さんは自院を評価してくれているので来院していただいています。その想いに応えることが何よりも大事です。」

 スタッフ「院長先生には伝えづらいですよね。毎日顔を合わせますし、私は楽しく働きたいです。そのため、自分で判断できることは判断しています。私は資格をもっていないので、ここで長く働きたいと考えています。不満はないです。」

「提案する文化を築く」の目標・ニーズの明確化

 院長「私が伝えたいことをスタッフが別のスタッフに伝えてほしいですね。これにより私の理念や考えが伝わります。やらされることは良くないと思います。ミーティングはやっていないので、良い意見は取り入れたいですね。」

 院長「患者さんからスタッフが聞いた情報を院内で共有したいですね。特に一般スタッフや新人スタッフが意見しやすい雰囲気を作りたいです。その改善点を院内掲示などで伝えます。これにより、もっと患者さんは話しやすくなりますよね。」

 スタッフ「みんなで業務において話し合えればいいですね。テーマを絞れば、私達でも考えることができると思います。漠然としたものでは考えづらいです。すぐにうまくいくとは限りませんが、修正しながら進めます。」

このような医院で効果的です

 開業年数が長い、競合が多い、スタッフの勤務歴が長い、自主性を高めたい、業務を改善したい、院長先生が話さないと物事が進まない、スタッフ数が多い、資格者のモチベーションが高い

「提案する文化を築く」の課題解決のためのご提案

 1つ目は意見を聞くスタッフを決めます。最初提案しやすくするには意見を聞きやすいスタッフに聞きます。これは看護師の場合が多いです。その姿勢が他のスタッフに伝われば、他のスタッフも話しやすくなります。

 2つ目は提案のテーマを設定します。院長先生が考えているテーマとスタッフが考えているテーマは異なります。そこで、最初は院長先生がテーマを設定することで、スタッフの考える習慣を訓練します。

 3つ目は提案の仕組みを作ります。提案の流れができつつあれば、ミーティング等や面談の仕組みを作ることで、院内の情報を共有することができます。

 下記の「詳しくはこちら」では経営アドバイス導入後、提案する文化を築くことに成功した事例を詳しくお伝えしております。

詳しくはこちら

  ミーティングの体制を作る  ミーティングを運営する  提案する文化を築く

WEB経営セミナー「さんかくすい」