整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

提案する文化を築く【職人から参画経営】

職人の先生の傾向

 整形外科診療所経営において職人の院長先生は診察に集中しているため、医院全体の状況が分かりません。そのため、スタッフが効率的に業務をしているのか、何か問題があるのかまで把握できません。そのため、何も問題が起こらず、話しかけてこなければ、問題ないと判断します。

 院長先生にとっては勤務に完全に満足することはないと分かっているため、出来る限り不満なく働いてほしいと思っています。また、スタッフも院長先生が忙しいことが分かっており、何か提案があっても、反論していると捉えられる可能性があれば話しません。

 さらにスタッフは日常業務を平穏に過ごしたい、今までの業務を変えたくないと考え、提案しづらいです。提案すると自分の責任になる可能性もあります。しかし、これでは最も現場のことを分かっているスタッフの意見を汲み取ることができません。

 患者さんにとっても自分達の不満に思っていることや要望がすぐに形になることで、満足度を感じます。また、潜在的に感じていることが解決されると、医院への安心感にもつながります。

職人の先生のニーズ

 職人の院長先生は診察に集中しているため、スタッフは自分達で考えて、業務を改善してほしいと感じています。そのために何がしたいか提案した方がスタッフも働きやすく、自主性も高まると考えています。つまり、自分達で医院を盛り上げようという気持ちを欲しいです。

 そのように考えると提案するためにはきっかけが必要です。お互いが提案してもいいと考えても、行動まで落とし込むことは容易ではありません。その結果、スタッフも働きづらくなり、院長先生も診察に集中しづらくなります。だからこそ、提案する文化が必要です。

 提案する文化を築いていれば、スタッフはまだアイデアとしてかたまっていなくても、多くの提案を出します。その中には医院の経営を向上させるヒントがあります。スタッフが考えてくれれば、院長先生の負担も減ります。

 これにより、患者さんも医院が多くの取り組みをしていることが伝わるため、潜在的な要望も話しやすくなります。

参画経営で大切にしていること

 参画経営では院長先生が診察に集中しながら、スタッフが自主的に提案する文化を築きます。そのためには現在の提案に対する考えを把握し、どのような流れをとるのかまで設計します。

 さんかくけいでは院長先生が主導になって、提案を促しません。これでは自分の責任と考え、一過性のものになってしまいます。現場に基づいたものでなければ、文化として定着しません。

 そこで、さんかくけいでは現在のスタッフの提案したい内容の明確化、提案する流れの仕組み作り、提案するためのテーマの設定方法等をサポートします。

 これにより、スタッフは自分達で医院の課題について話し合うようになり、院長先生は承認するだけで医院経営が向上します。また、今まで話しづらかったスタッフの意見も聞けます。

 下記の詳しくはこちらでは三方が良くなる「提案する文化を築く」について聞いた内容をお伝えします。

               詳しくはこちら

  ミーティングの体制を作る  ミーティングを運営する  部署間連携を促進する

WEB経営セミナー「さんかくすい」