整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

ミーティングを運営する【成功事例】

 ミーティングを運営した成功事例の医院では参加者の決定、議題の検討、現場への落とし込みのサポートの3つに取り組みました。

 1つ目は参加者を決めました。ミーティングは開催自体が目的になる可能性があります。そうなるとスタッフはみんなが参加しているから、院長先生に言われたからという理由で参加することになります。その結果、スタッフが話さない、下を向いているということになります。

 院長先生も時間を割いてまで開催する意味があるのか、開業年数が長く、スタッフも不満なく勤務しているだろうと考え、院長先生とスタッフの距離が生まれます。ただ、競合は常に業務改善のために前向きに情報共有をしているかもしれません。

 そこで、議論を活発にするために各部署から1名参加して、院長先生と4人で開催しました。これにより、各部署の代表がその部署の意見を代弁することで、情報共有が活発化しました。

 2つ目は議題を検討しました。質問されても考える時間がないということで、話しづらい場合があります。また、代表者が決まっても、この意見は自分の意見であり、部署の意見ではないと考えると話しづらいです。

 また、議題を予め考えることで、時間を効率的に使えて、課題を解決しやすくなりました。その結果、何か問題が起こってもミーティングで話し合おうという流れが生まれました。

 3つ目は現場への落とし込みをサポートしました。ミーティングで議題が解決しても、スケジュールを明確化することが大事です。これがなければ、机上の空論になります。

 そこで、実行まで落とし込むため、サポート体制を築きました。代表者だけが責任を抱えていては不満につながります。まずは院長先生から働きかけて、各部署をサポートしました。

参画経営の特徴を解説

 スタッフがチームワークを大事にしています。代表者が言われたから参加しているではモチベーションが高まりません。代表者が部署のスタッフがより良くなり、患者満足度を高めるために参加しています。

 スタッフに責任感があります。現場に落とし込むため、自分にも関係があり、誰かが考えてくれると思っておらず、医院全体の実行力が高まっています。

クライアントの声

 院長「経営に関する意識が高まりました。主任が育ったことにより、診療に集中できるようになりました。これにより、段々と部署全体の状況を把握しやすくなりました。」

 スタッフ「課題を解決するためには通常の業務だけでは難しく、きちんと時間をとって話し合うようになりました。これにより、何か問題が起きても、自分達で解決しようという気持ちが生まれています。現場が改善しているため、医院の長所が患者さんに伝わっていると思います。」

 現場での変化は下記の詳しくはこちらをご覧下さい。

詳しくはこちら

お問い合わせ例や動画内容

 ミーティングを運営するために

・実施しても、活発に話し合えるか不安

・誰をミーティングに参加させればいいのか分からない

・現場に落とし込むことまで考えたミーティングの運営体制をお伝えさせていただきます。

 詳しくは下記の「お問い合わせ」よりミーティングを運営するとお伝え下さい。

 また、参画経営を実現するために参加者の決定、議題の検討、現場への落とし込みのサポートなど具体的に取り組んでみたい場合は下記の「無料経営相談」よりご相談下さい。signature01

お問い合わせ 無料経営相談 WEBセミナー登録

WEB経営セミナー「さんかくすい」