整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

ミーティングを運営する【経営分析】

「ミーティングを運営する」の現状の課題

 院長先生とスタッフからミーティングを運営することに対するお話を伺いました。

 院長「ミーティングを開催する必要をあまり感じません。毎日診療していて、開業年数が長いスタッフが多いため、今さら機会を決めて、何を話し合えばいいのか分かりません。」

 院長「患者さんが多くなると、診療時間が長くなります。そのため、スタッフの休憩時間もなくなります。それにもかかわらず、ミーティングを開催してはスタッフは不満だと思います。各部署で自分達が考えて、動いてもらえればいいです。」

 スタッフ「私が参加しても、他のスタッフには意見しづらいです。そのため、私の意見が部署の意見になると思うと参加したくありません。他のスタッフもおそらく遠慮するスタッフはいると思います。開催するとしても、意見できる方で始めて下さい。」

「ミーティングを運営する」の目標・ニーズの明確化

 院長「診療に集中するために主任が育てばいいですね。これまでは私が全て考えていたので、大変でした。そのため、部署のことが良く分かっている参加者から始めて、考える能力を育成して欲しいですね。修正しながら進めたいです。」

 院長「患者さんがより来院しやすくなるように新たな取り組みを考えてほしいですね。もし、難しそうなら、議論を1つ決めて、話し合ってほしいです。私も話し合いたいテーマがいくつかありますし、スタッフもあると思います。」

 スタッフ「スタッフ間の関係性が良くなれば、もっと働きやすくなると思います。そのためには普段からコミュニケーションをとる必要がありますね。なぜこの取り組みをしているのか知りたいものもあります。」

このような医院で効果的です

 医院の雰囲気を高めたい、主任を育成したい、話し合う時間がない、スタッフ数が多い、スタッフの経営意識が高くない、競合が多い、話し合う機会を作りたい

お問い合わせ例や動画内容

 1つ目は参加者を決定します。開業年数が長い場合、スタッフ間の関係性がある程度決まっているため、議題を積極的に話し合うためには参加者を考えることが大切です。前提として、これが機能しなければ、前向きに運営することができません。

 2つ目は議題を検討します。新たな取り組みをするためには事前に議題を考えることで、経営の推進力を高めることができます。すぐに機能することは難しいため、じっくりと腰を据えて、始める必要があります。

 3つ目は現場へ落とし込みます。ミーティングを運営しても、それが現場の改善につながらなければ、意味がありません。それが他院の差別化につながり、口コミの発生にもつながります。

 下記の「詳しくはこちら」では経営アドバイス導入後、ミーティングを運営することに成功した事例を詳しくお伝えしております。

詳しくはこちら

  ミーティングの体制を作る  部署間連携を促進する  提案する文化を築く

WEB経営セミナー「さんかくすい」