整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

部署間連携を促進する【経営分析】

「部署間連携を促進する」の現状の課題

 院長先生とスタッフから部署間連携を促進することに対するお話を伺いました。

 院長「当院は開業年数が長いため、各部署がまとまって対応しています。やっぱり診察室とリハビリ室と受付は違いますよね。資格があるかないかも関係あると思います。何か新たなことを始めれば、スタッフは抵抗する可能性がありますよね。」

 院長「患者さんは多少待つことを覚悟していると思いますが、会計や物療では患者さんも待ち時間には敏感になっていると思います。そのため、リハビリ助手もコミュニケーションをとりながら、効率的に業務をしていると思います。」

 スタッフ「それぞれの部署は自分で考えて動いています。よその部署のことは分からないので、下手に口出ししないことが人間関係を良好に保つ1つの方法です。私も目の前の患者さんに熱心に対応することを心がけています。」

「部署間連携を促進する」の目標・ニーズの明確化

 院長「各部署の壁がなくなればいいですよね。患者さんからも受付スタッフの接遇力に関して、指摘されることがあるのですが、それを注意しづらいので、スタッフ間で前向きに話し合えればいいですね。部署全体で患者さんをみていきたいです。」

 院長「患者さんからの各部署の接遇の評価がバラバラなので、統一できるといいですね。患者さんから評価されることで、スタッフのモチベーションも高まります。これにより、新たな行動が開始でき、患者さんの満足度も高まりますよね。」

 スタッフ「他人事に考えているスタッフがいるので、スタッフ全員が一体化できるといいですね。そのスタッフの気持ちになって、相談し合い、行動をサポートし合いたいです。お互いの良い点を認め合えば、もっと医院は良くなると思います。」

このような医院で効果的です

 院内の雰囲気を高めたい、スタッフに理念を浸透させたい、接遇力を高めたい、抵抗が強いスタッフがいる、開業年数が長い、自主性が高いスタッフがいる、ミーティングをする余裕がない、忙しい時間帯がある、リハビリの特徴を出したい、主任が機能していない

「部署間連携を促進する」の課題解決のためのご提案

 1つ目は部署内を意見をまとめましょう。まずは行動することを考えずに、話し合う事に集中することが大事です。情報共有の仕組みを作ることで、それが定着した後に行動します。

 2つ目は部署間の提案を調整します。部署のスタッフはそれぞれの考えを持っています。それを変えるのではなく、考えを拡げることが大事です。院長先生の働きかけも重要です。

 3つ目は行動を決定します。行動することで、それを修正しながら進めます。これにより、スタッフに応用力が生まれて、部署を隔てても物事を判断できるようになります。

 下記の「詳しくはこちら」では経営アドバイス導入後、部署間連携を促進することに成功した事例を詳しくお伝えしております。

詳しくはこちら

  ミーティングの体制を作る  ミーティングを運営する  提案する文化を築く

WEB経営セミナー「さんかくすい」