整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

部署間連携を促進する【職人から参画経営】

職人の先生の傾向

 整形外科診療所経営において職人の院長先生は診察に集中しているため、他部署の状況は分かりません。もちろん、診察室は見ることができますが、看護師も診察に集中しているため、他部署の状況を把握することができません。

 そのため、受付やリハビリ室で問題が起こった際に対応しづらいです。また、受付やリハビリ室からの情報も入ってこないため、院長先生がリアルタイムで判断することができません。その結果、他部署との距離が生まれるようになります。

 部署間連携を促進する際は起こった際の問題を話し合うことが大切です。本来はリアルタイムで判断したいのですが、それが難しい場合は診療終了後やミーティングで話し合うことから始めます。これにより、院長先生の想いが浸透します。

 もし、これができなければ、スタッフは責任をとりたくないと感じ、自らの業務に集中するか、新たな取り組みを開始できません。そのため、自主性を高めることができません。

 その結果、患者さんにとっては接遇力が高くないと感じ、会話することも少なくなり、医院の雰囲気が高まりません。

職人の先生のニーズ

 職人の院長先生にとっては診察に集中しているため、スタッフと話しづらいものです。そこで、スタッフも院長先生には話しづらいため、院長先生は問題がないと感じるようになります。その結果、診察には集中できますが、受付の接遇力やリハビリの来院回数を増加できません。

 しかし、職人の院長先生にとってはスタッフとの距離があったとしても、診察には集中できます。ただ、長期的に他院と差別化し、特徴を出すためには部署間の連携を促進する必要があります。つまり、部署が自主的に連携する流れを作ることが大切です。

 まずは院長先生が感じている議題を設定します。そして、部署間の意見を事前にまとめておき、情報を共有します。その後提案をまとめあげて、現場に落とし込みます。

 これにより、患者さんも医院経営が向上していることが伝わるため、満足度が高まります。

参画経営で大切にしていること

 参画経営では院長先生が診察に集中しながら、部署が自主的に意見を交換できる体制を作ります。これにより、院長先生は診察に集中しながら、部署が良くなる行動を開始できます。

 さんかくけいでは院長先生が主導になって、部署間連携を促すことはしません。これでは例え上手くいっても、院長先生がきっかけを出さなければ、連携を促すことができません。

 そこで、さんかくけいでは部署間が自主的に連携する方法、院長先生が達成したい医院像の設定、患者目線で現場を良くするための提案の作り方等をサポートします。

 これにより、スタッフは自ら部署の連携をとるだけでなく、自分達で医院の課題を解決するようになります。また、患者さんにとっては医院全体でみてもらえていると安心感が生まれます。

 下記の詳しくはこちらでは三方が良くなる「部署間連携を促進する」について聞いた内容をお伝えします。

                 詳しくはこちら

  ミーティングの体制を作る  ミーティングを運営する  提案する文化を築く

WEB経営セミナー「さんかくすい」