整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

情報発信を強化する【現場】

 整形外科診療所は患者数が多く、診察を待つ間待合室で待機しています。また、来院回数も多いため、患者さんは何度も待合室で過ごしています。

 

 つまり、その時間を活用することで、患者さんが自院の情報を自然と見るようになるということです。ただ、大事なことは一般的な内容では記憶に残らないということです。

 

 そこで、ターゲットを設定することやキャッチフレーズを工夫することが大切です。

 

 院長先生は診察に集中することで、患者さんに対して丁寧な診察を継続することができます。そのため、現状のままではなかなか情報発信に取り組むことができません。ただ、それを両立する仕組みを作ることができれば、患者数や経営も安定しやすくなります。

 

 そこで、スタッフの協力を得て、定期的に情報を発信する仕組みを作ることで、継続できます。その際は短期的に注力することで、長期的に効果を維持することができます。

 

 いつかやろうという気持ちではなかなか前に進めることができません。一気に進める勢いも重要です。

 

 一般的なホームページでは他院と差別化することができません。また、忙しいからといって業者の方に任せっぱなしにすると思っていたものと異なる結果になってしまいます。

 

 一番の注意点は院長先生の目的と業者の方の目的が一致しないことです。業者の方は製作することがゴールであり、デザイン等にこだわります。もちろん見やすい方がいいのですが、院長先生としては診療の想いや理念を伝えることを優先するものです。

 

 イメージがない中で考えると時間ばかり経過し、効率的ではありません。そのため、他院を参考にすることが効果的です。これは模倣することではなく、客観的に見て、目的を明確にして、伝えることです。

 

 細かい内容を気にしていては目的を見失います。つまり、自院の理念や長所を明確にして、考え始めます。これは院長先生だけでなく、スタッフの意見も取り入れることで、客観性や効果を高めることができます。

  院内講座を開催する  ホームページを強化する  情報発信を強化する

WEB経営セミナー「さんかくすい」