整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

情報発信を強化する【職人から参画経営】

職人の先生の傾向

 職人の院長先生は診察に集中しているため、特に情報発信は必要ないと考える場合があります。確かに丁寧な診察を続けていれば、情報を発信していなくても、口コミで患者さんが来院します。しかし、だからといって情報を発信しないということにはつながりません。

 例えば、来院している患者さんの中にも物療の効果があまり分からない、院長先生は診察に対してどのような想いを持っているのか分からない可能性があります。そうなると、患者さん自身だけでなく、知人や友人には伝えづらくなります。

 これではいくら院長先生が診察に集中していたとしても、それが適切に伝わっていません。そのため、患者数が減少してから、情報を発信するか悩むようになります。その結果、診察に集中しづらくなり、客観的に自院の長所を把握することができません。

 患者さんは情報発信をしていなければ、他院や他施設で積極的に情報を発信している方が安心感があります。その結果、地域の潜在的な患者さんにとっては職人の院長先生の診察を受ける前に事前に判断することになります。

職人の先生のニーズ

 情報発信の必要性を感じていても、それをすぐに具体化できるとは限りません。もちろん、院長先生はその方法が分からないということもありますが、負担がかかることや、そこまでの必要性を感じない可能性があります。

 患者さんは自分の中の漠然としたイメージによって、自院を評価しています。そのため、より具体的に情報を発信している施設の方が良いと感じる余地が生まれます。さらに大切なことは情報を発信するためにはスタッフも交えて、医院の客観的な長所を話し合うことができます。

 そうなると情報を発信するのではなく、再度医院全体で情報を共有することにつながります。これにより、客観的な意見が分かり、今後の経営に活用できます。また、意外に伝わっていないことに対して、情報を発信する必要性を感じます。

 これにより、患者さんは口コミだけでなく、院内掲示やインターネット、配布資料等を通じて、医院の長所を把握することができ、安心して来院できます。

参画経営で大切にしていること

 参画経営では院長先生が診察に集中しながら、患者さんに医院の長所が伝わる情報発信の仕組みを作ります。そして、医院の長所を軸にして、様々な媒体の活用を検討します。

 その際は院長先生が情報発信のアイデアや作成を担当することはしません。これでは院長先生に負担がかかり、ご自身では客観的な良さを抽出できない可能性もあります。そこで、スタッフが情報発信に取り組むことで、効果を高めます。

 そこで、さんかくけいでは医院の長所の捉え方、院長先生が伝えたい診察に対する想いの明確化、スタッフを巻き込んだアイデアの抽出から具体的な作成までの流れ等をサポートします。

 これにより、患者さんは来院することの満足感が高まるだけでなく、他の方にも安心して伝えられることで、地域にとって必要な医院になります。その結果、患者さん同士が自然に医院の良さを伝え合うようになります。

 下記の詳しくはこちらでは三方が良くなる「アンケートを実施する」について聞いた内容をお伝えします。

              詳しくはこちら

   ポスター類を作る   院内講座を開催する   ホームページを強化する

WEB経営セミナー「さんかくすい」