整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

ホームページを強化する【現場】

 ホームページがいかに良く患者さんにみえても、来院後にそのイメージと異なれば、患者さんの期待とともに評価が下がります。

 

 例えば、スタッフが優しそうだとホームページでは見えても、実際来院して事務的な対応をすれば、患者さんは事前期待がある分、余計にがっかりします。

 

 一方スタッフの接遇が良いのにそれをホームページで訴求できていない場合、上手に口コミを発生することができず、来院している人だけの評価を高めるようになります。

 

 つまり、客観的に医院の長所を捉え、外部に訴求することが大切です。

 

 院長先生が他院のホームページを見る場合、院長先生の経歴のページを最優先で確認します。しかし、患者さんにとってはトップページを見ます。つまり、患者さんとドクターでは見る内容が異なります。

 

 そのため、作成においてはどの情報が相手にとって必要なのか理解することが大切です。

 

 もちろん、地図や診療時間が分かりやすいのは当然です。後は医院として患者さんに伝えたいページにすぐにアクセスできる導線を確保することです。これができれば、患者さんの事前のイメージを高めることができます。

 

 ホームページを製作する医院は増えています。そのため、この1年でも地域のWEB上の状況が変化しています。そこで、自院の地域において地域名+疾患名、地域名+医院等でいくつか検索してみることを推奨しています。これにより、競合の状況が分かるだけでなく、自分の意識を高めることができます。

 

 ただ、その場合は前向きにページをみることが重要です。競合のホームページが自分の考えとは異なるのではなく、相手から見てどのような点が長所なのかという視点でみることです。これは他の方にみてもらい、率直な感想をもらうことも1つの方法です。

 

 上記のように患者さんが見るページが分からないといっても、患者さんがホームページにアクセスする目的は明確です。それは診察を受けようと思い、自院に関心を示しているということです。

 

 例えば、全く疾患の痛みがないのにアクセスする人は少ないといえます。

 

 であるならば、その方にとって安心感を与える診察の場面をイメージしてもらうことが重要です。院長先生の写真があり、治療に対する想いが分かりやすく掲載していれば、来院につながります。もし、これらがなければ、別の医院のホームページを探すものです。

  情報発信を強化する  ポスター類を作る  院内講座を開催する

WEB経営セミナー「さんかくすい」