整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

ホームページを強化する【経営分析】

「ホームページを強化する」の現状のニーズ

 院長「ホームページはいくらくらいでできるのですか。また、製作期間はどのくらいですか。商品がないため、他の企業と違って効果はあるんですかね。FAXがよく送られてくるのですが、どこにお願いするのがいいのですか。スマホ用も作った方がいいですか。」

 院長「うちは高齢の患者さんが多いから、ホームページを製作しても、見る方はいるのでしょうか。当院は医療機関なので、ホームページを出してまで、患者さんを集める必要はないと思います。マッサージ施設とは違います。」

 スタッフ「ホームページは私達も写真を撮るのですか。確かに何か困った時はスマホは見ますが、病院までは見ないですよね。友人などに聞いた方が信頼度が高いですし。大きな施設ではないため、あまり綺麗なホームページはできないと思います。」

「ホームページを強化する」の目標・ニーズの明確化

 院長「もう少し私の考えが伝わればいいですね。医院の良い点を話し合うきっかけがあればと思います。スタッフに良い点が伝わっていなければ、口コミを増やす事はできないと思います。スタッフも働きがいが生まれればいいですね。」

 院長「もう少し初診の患者さんが増えるといいですね。夕方以降学生やお仕事帰りの方をもう少し増やしたいですね。地域の他のホームページを見るとよくできていますよね。ホームページがないことがデメリットになりますか。」

 スタッフ「ホームページを作る目的を教えてもらえると、アイデアを出せると思います。ただ、それほど負担をかけることはできませんが。ホームページは自分が知りたい情報を短時間で学べるので、便利ですよね。」

このような医院で効果的です

 ホームページを作りたい、口コミを拡げたい、患者数を増やしたい、地域内での評判を高めたい、自院の長所を客観的に知りたい、スタッフとコミュニケーションをとるきっかけをつくりたい、競合が多い

「ホームページを強化する」の課題解決のためのご提案

 1つ目は目的とコンセプトを決めます。これがなければ、負担がかかり、特徴のあるホームページを作ることができません。目的はスタッフに聞いて、伝わっていなければ、患者さんに伝わることは難しいです。

 2つ目は各ページの長所を考えます。ホームページ全体ではなく、各ページに長所を掲載して、医院の特徴を伝えることができます。それが医院の長所を考えるきっかけにもなります。

 3つ目は口コミを意識してページを作ります。何を伝えたいのか明確でなければ、患者さんに伝えることは難しいです。そのため、今まで医院が評価されたことを反映して下さい。

 下記の「詳しくはこちら」では経営アドバイス導入後、ホームページを強化することに成功した事例を詳しくお伝えしております。

詳しくはこちら

  情報発信を強化する  ポスター類を作る  院内講座を開催する

WEB経営セミナー「さんかくすい」