整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

ホームページを強化する【職人から参画経営】

職人の先生の傾向

 職人の院長先生は診察に集中しているため、丁寧に診察することで、口コミを発生したいと考えています。これは従来の経営にとっては大きな効果がありました。しかし、現在は医療機関の信頼感に対抗するため、積極的に他の施設が情報を発信しています。

 特に現在地域の患者さんが見ているのはホームページです。ホームページというと商売のイメージが強いかもしれませんが、大事なことは院長先生の想いが正しく伝わる媒体を利用しているということです。

 もちろん、診察に加えて、院内掲示も大事なのですが、患者さんは来院する前に医院のイメージを判断する傾向があります。これは医療機関だけでなく、他の小売業などを検索するパターンが身についているからです。

 さらに口コミを聞いた際もすぐにスマートフォンでアクセスすることで、情報を収集しています。もし、ホームページがない、あっても一般的な内容であれば、診察よりもホームページのイメージで判断されます。

職人の先生のニーズ

 職人の院長先生にとって、ホームページを製作することは容易ではありません。もちろん忙しさはありますが、何を掲載すればいいのか分からない、どこに依頼すればいいのか分からないなど多くの疑問があります。

 そのため、ホームページを製作する時間があるなれば、自身の技術力を高めたいと考えます。しかし、ホームページで大事なことは患者さんに伝えたい内容を明確にすることです。

 つまり、ホームページは経営を向上させるきっかけなのです。もし、忙しくてできないのであれば、業務を効率化する必要があります。内容が分からないのであれば、医院の長所を再度考えます。これにより補強する内容が明確化します。

 患者さんにとってはホームページがあることで、患者さんに優しいというイメージを抱く場合があります。ホームページは長期的かつ自動的に医院の長所を発信する媒体です。そこで、ホームページを製作するならば、スタッフと協力して、製作することもできます。

参画経営で大切にしていること

 参画経営では院長先生が診察に集中しながら、医院の長所や院長先生の想いを効率的に伝える体制を作ります。また、患者目線やSEOの視点も入れて、患者さんの目に届きやすい仕組みを作ります。単純に製作しただけでは負担とコストのみかかります。

 そこで、さんかくけいでは院長先生の想いの明確化、患者さんが良く見るページの製作、一般的な医院の特徴の抽出方法等をサポートします。

 これにより、患者さんは丁寧な診察だけでなく、医院の長所が分かり、安心します。その結果、来院回数が増加するだけでなく、口コミが発生します。また、スタッフも医院の長所を考えるきっかけができるため、他院と差別化できます。

 下記の詳しくはこちらでは三方が良くなる「ホームページを強化する」について聞いた内容をお伝えします。

             詳しくはこちら

   情報発信を強化する   ポスター類を作る   院内講座を開催する

WEB経営セミナー「さんかくすい」