整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

院内講座を開催する【現場】

 スタッフの中には患者さんの前にでて話すことが苦手な方がいます。院長先生にとっては診療中など積極的に患者さんに話すスタッフなのに、改めて前にでて話すことが苦手なことに疑問を感じます。

 

 そのため、全員で院内講座を開催するといっても、そのスタッフにとっては後ろ向きな出来事になります。そこで、施術主任を中心に開催します。

 

 ただ、それを施術主任だけに任せておけば、スタッフとの距離が生まれます。そのため、院長先生を中心に医院全体で患者さんのために何ができるのか考え、情報を共有する機会を作ります。

 

 つまり、院長先生がどの程度スタッフに任せるのか、どこまでスタッフの協力を促すのか、医院全体のバランスをとることが大切です。そのため、まず実行することは施術主任と納得するまで話し合って、患者さんのために何ができるか明確にすることです。

 

 これにより施術スタッフが実行したいこと、スタッフに協力してほしいことが分かり、施術主任の自主性を高めることができます。後は院長先生がフォローすることで、医院全体の実行力を高めることができます。

 

 ただ、院長先生がスタッフに協力だけ促すと不満につながることがあります。そこで、スタッフも院内講座の目的を理解してもらうことが先決です。特に女性スタッフは目的に納得すると、積極的に協力していただく場合が多いです。

 

 また、施術スタッフもスタッフにリハーサルすることで率直な意見をもらうことができます。

 

 後は院長先生がその意見に対して、具体的に自分はどのようなフォローができるのか伝えることで、患者さんのために何ができるのか医院全体で考えるきっかけが生まれます。

 

 患者さんにとって、関心があるのは自身の疾患に関する内容です。例えば、腰痛で整形外科診療所に来院している場合は腰に関する院内講座があれば、興味があります。そのため、院長先生が診察で参加しやすいように声をかけることも効果的です。

 

 他には施術スタッフが自主的に患者さんに伝える方法もあります。これにより、医院が患者さんの医療知識を高めるきっかけを作ることができます。これが継続すれば、口コミにつながります。

  ホームページを強化する  情報発信を強化する  ポスター類を作る

WEB経営セミナー「さんかくすい」