整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

院内講座を開催する【経営分析】

「院内講座を開催する」の現状のニーズ

 院長先生とスタッフから院内講座を開催することに対するお話を伺いました。

 院長「院内講座を開催することは良いと思いますが、スタッフは協力してくれるでしょうか。開催するとしたら、お昼休みですよね。普段忙しいので、スタッフは休憩してもらいたいですね。私も書類整理をしたいです。」

 院長「患者さんも午後の診療前に来院する方もいらっしゃいます。そうすると院内で講座を開いていると、来院しづらいのではないでしょうか。そのような活動が好きな患者さんは地域内の別の施設に行っていると思います。」

 スタッフ「私は院内講座を開催しても良いと考えていますが、その時間があれば、自らの医療知識を高める時間に使いたいです。患者さんには施術を通じて、その方に適した内容をお伝えしています。」

「院内講座を開催する」の目標・ニーズの明確化

 院長「何か地域の患者さんのために新たな取り組みをしたいですね、うちは競合が多いので。施術スタッフは頑張っているので、院内や地域内での地位を高めたいですね。そうすれば今より医療知識を高めるモチベーションも上がると思います。」

 院長「患者さんと話すきっかけが増えるといいですね。そうするとスタッフと患者さんと距離も近づきます。その結果、院内の雰囲気ももっと良くなり、施術スタッフもやりがいが生まれ、定着率も高まりますよね。」

 スタッフ「スタッフ同士でもっとコミュニケーションをとれればいいですね。普段私はリハビリ室にいるため、受付スタッフとほとんど話せません。そのため、院内講座をきっかけに声をかけ合ったり、褒め合ったりしたいですね。」

このような医院で効果的です

 新たな取り組みをしたい、施術スタッフのモチベーションが高い、開業年数が長い、物療の患者さんが多い、スタッフの医療知識を高めたい、普段忙しくコミュニケーションをとれない

「院内講座を開催する」の課題解決のためのご提案

 1つ目は院内講座を開催するために準備しましょう。これが中途半端なら院長先生か施術スタッフが負担を抱えることになります。まずはテーマ設定、開催時間、開催頻度を決めることから始めましょう。

 2つ目はスタッフに目的を浸透します。施術スタッフは誇りを持って働いています。そのため、他の業務に取り組むことで、集中しづらいかもしれません。そこで、目的を伝えて、納得性を持たせます。

 3つ目は結果をフィードバックして下さい。施術スタッフは他のスタッフや患者さんから評価してもらうことで、モチベーションが高まります。これにより、やりがいが生まれ、医院の差別化にもつながります。

 下記の「詳しくはこちら」では経営アドバイス導入後、院内講座を開催することに成功した事例を詳しくお伝えしております。

詳しくはこちら

お問い合わせ 無料経営相談 WEBセミナー登録

  情報発信を強化する  ポスター類を作る  ホームページを強化する

WEB経営セミナー「さんかくすい」