整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

インターリハ様取材先情報

 4月28日インターリハ株式会社(海外のネットワークを活用したリハビリテーション機器製造・販売)の大阪営業所の岩戸様に取材させていただきました。

 

インターリハ様の特徴

1.業界初理学療法士を雇用し、各種教育・研修等を提供

2.自費のリハビリとコンディショニングスペース「フィジオセンター」及びリハ型デイサービス「ポシブル虎の門」を運営

3.「優れたハード&ソフト」のコンセプトで様々な顧客層の要望に応える

4.「インターリハラボ」を設立し、製品開発を協力・サポート

5.海外との幅広いネットワークで、多様な機器を日本のリハビリ市場に紹介

 

1.インターリハ様の特徴について

日野「本日はお忙しい中、お時間いただきまして、ありがとうございます。」

岩戸様「こちらこそ、宜しくお願いいたします。」

日野「本日はインターリハ様の特徴や専門性等に関して取材させていただきます。」

岩戸様「はい。かしこまりました。宜しくお願いいたします。」

日野「早速ですが、インターリハ様の特徴から教えていただけますか?」

岩戸様「私達は1999年に業界で初めての試みとして理学療法士を雇用し、現在4名の理学療法士により『フィジオセンター』及びリハ型デイサービス『ポシブル虎の門』の運営及び各種教育・研修等を提供しています。」

日野「その他の特徴も教えて下さい。」

岩戸様「2009年には『インターリハラボ』を設立し、製品開発の協力・サポートを行い リハビリの更なる推進を企業の立場から応援させて頂いております。また、輸入機器を通じてリハビリテーションの効果を検証し続けております。」

日野「ということは自ら効果を検証しているということですね?」

岩戸様「そうです。自社の理学療法士により、輸入機器を使用したリハビリテーションのエビデンスを検証しています。」

日野「なぜエビデンスを追求しているのですか?」

岩戸様「私達は特徴的なリハビリ機器を海外から輸入し、販売しております。そこで、海外で効果・効能が検証された機器に関して、日本の市場でも検証していきながら、普及を推進しています。」

日野「販売したら終わりではないということですね?」

岩戸様「そうです。売りっぱなしにはしません。」

 

 下記の詳しくはこちらではインターリハ様の運営するセンターや多様な顧客層の要望についてお伝えしております。

詳しくはこちら

 フィジオセンター様の詳しい情報はこちらです

 虎の門リハビリセンター様の詳しい情報はこちらです

 インターリハラボの詳しい情報はこちらです