整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

参画経営で目指す整形外科診療所像

院長先生が診察に集中できる体制を作ります

 院長先生はドクター、経営者、マネジャー等1人で何役も担当しなければなりません。そのため、負担も大きくなってしまいます。そこで、院長先生が診察に集中できる体制を作ります。

 コンサルタントと聞くと何かやらされるのではないかと感じ、躊躇する場合があるかもしれません。確かに経営を向上させるためには今までの取り組みを変える必要があります。しかし、これで、より負担がかかれば、院長先生の目的は達成されません。

 そこで、さんかくけいでは院長先生が診察に集中するためにもスタッフが経営に参画して、医院全体で余裕を生む体制を目指します。

院長が変わらなくても運営できる仕組みを作ります

 経営を向上させるためにはトップである院長先生の存在が最重要です。院長先生のお考え1つで経営が決まるといっても過言ではありません。しかし、そのために院長先生が変わらなければならないと考えるのは早急です。ただ、経営は他の方には相談しづらいものです。

 コンサルタントと聞くと、院長先生が実施することが前提で提案すると思われるかもしれません。確かにそれは大事ですが、より現場で成果を上げるためには院長先生の長所を維持する必要があります。

 そこで、私達は院長先生の課題をカバーするようにスタッフに働きかけます。これにより、院長先生は診察しながら、スタッフマネジメントが円滑に進みます。

スタッフの潜在能力を高める組織を作ります

 参画経営にはスタッフの協力が不可欠です。しかし、スタッフ全員を育成しようと思うと時間がいくらあっても足りません。また、スタッフには自主性が高い方、そうでない方がいます。

 コンサルタントと聞くとスタッフの短所を是正してくれるというイメージがあるかもしれませんが、これでは院長先生とスタッフの距離感が生まれ、前向きに経営に参画できません。

 そこで、私達はスタッフを組織として、潜在能力を高めるようにサポートしております。具体的には院長先生の目標を達成するため、スタッフ個々人の長所を把握し、それを伸ばすことによって、短所をチームワークで補い合う体制を目指します。

私達がいなくても現場を運営できる体制を作ります

 参画経営が定着してくると、私達との信頼関係が高まっています。確かに私達がコーディネートすることにより、円滑に運営できることは双方が望んでいるかもしれません。

 最初はコンサルタントを導入したことで、院長先生の意識も変わり、新たな取り組みを開始することで、業績が向上します。これはダイエットの時も同様ですね。しかし、これでは私達がいなくなると元に戻る可能性もあります。

 そこで、私達はコーディネーターとして院長先生・スタッフ双方の想いを把握し、実際に現場に入ります。そして、医院に参画経営の仕組みが定着する、または院内に参画経営をサポートできる人財が育つとコンサルティングの完了としています。

 「詳しくはこちら」では参画経営導入のための1日研修例を12モデルご紹介しております。

詳しくはこちら

  経営アドバイスがなぜ必要か  パートナー型参画経営コンサルティングへの想い