整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

経営アドバイスがなぜ必要か

なぜ客観的な経営コンサルティングが必要なのか

 整形外科診療所の院長先生はドクターとして診療をしながら、スタッフマネジメント等の経営者の側面も求められます。その解決策として、主任を育成します。しかし、院長先生は忙しいため、いざ育成をしようと思っても、様々な内容等を考える必要があります。

 そのため、主任育成を考えることは難しくなります。その結果、診療に集中しようと思いますが、スタッフの退職等の経営上の問題が発生し、その度に対処して、院長先生は経営を前向きに考えづらくなります。

 医院経営を考える上で大事なことは相手の立場を考えることです。院長先生にはドクター、経営者、マネジャーの3役が必要であり、負担が大きいです。また、スタッフも業務をしながら、会話するなど現場判断も多いです。

 そのため、相手の気持ちを考慮し、共有し、提案すれば経営を前向きに考えられます。自分の不満を解消するというよりは相手のためにという貢献を考えます。

 しかし、院長先生とスタッフは忙しく、そこまで相手の気持ちに寄り添うことができません。そのためにアドバイスの導入を検討します。

一般的なコンサルティングについて

 一般的にコンサルタントは自らの経験に基づき、経営を向上させるため、新たな行動を促します。しかし、職人としての院長先生の想いを考慮していなければ、経営の負担が増えることになり、経営が向上しても、職人として技術を向上する時間を確保できないかもしれません。

 また、職人に集中するためにスタッフに新たな行動を促す方法があります。しかし、スタッフの想いを捉えていなければ、スタッフの潜在的な不満になり、院長先生が職人に集中するためのサポートに抵抗する可能性があります。

 院長先生がスタッフの話を聞く、スタッフにサポートを促す、競合に負けないために新たな行動を起こす、確かにいずれも大事です。しかし、これでは院長先生の負担だけが増えます。

さんかくけいのアドバイスの特徴

 そこで、私達さんかくけいは院長先生としての経営者の孤独を理解し、職人に集中したいという想いの一番の理解者として、医院経営をサポートしております。

 例えば、上記の例の主任を育成するのは診療に集中し、経営を安定させるという1つの手段です。しかし、これが医院に適しているかは判断することが難しいです。

 また、院長先生は新たな行動の必要性も理解していますが、経営者としてスタッフに弱みを見せられず、そんなに自分だけが頑張らないといけないのか、そんなに変わる必要があるのかとも考える場合があります。

 そのため、主任ではなく、経営の仕組みでも良いです。例えば、定期的なミーティングや育成のためのマニュアルの方が効果的かもしれません。ただ、それを分析するには第三者の客観的な判断が有効です。

 さらに私達は院長先生の負担を減らすために院長先生のかわりにスタッフの話を聞き、私達がスタッフに目的を伝えることもあります。

 つまり、私達は院長先生とスタッフ、患者さんの三方良しになるためにどれを選択すればいいのかを考え、ご提案しております。そのため、院長先生とは違う視点、スタッフとの距離感、客観的な患者目線のバランスを意識して、医院の潜在能力を最も確信しています。

 下記の詳しくは経営コンサルティング導入の効果についてお伝えします。

詳しくはこちら

パートナー型参画経営コンサルティングのへの想い 参画経営で目指す整形外科診療所像