整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

経営コンサルティング導入の効果

経営のバランスを調整

 経営コンサルティングの導入の目的は様々です。例えば、待ち時間を減らしたい、スタッフにいきいきと働いていほしい、患者数を増やしたい、自分の想いがもっと伝わってほしいなどです。そのため、私達は院長先生独自の想いを把握して、その想いを具現化しております。

 経営には攻めと守りがあります。攻めとはマーケティング、例えば増患対策や効率化などです。これにより、患者数など目に見える数値が上がります。守りとはスタッフマネジメント、例えば医院の雰囲気が良くなる、接遇力が高まる、情報共有の仕組みができるなどです。

 院長先生ご自身にとっては攻めは自己実現につながり、守りは課題解決につながります。大事なことは両者のバランスをとることです。

院長先生とスタッフの仲介

 コンサルタントはコーディネーターとしての役割を果たします。院長先生もスタッフも医院のことを考えて提案していますが、その立場によって、反論に捉えられることがあります。これは視点が異なるため、同意していないことが原因です。

 そのため、私達がコーディネーターとして、お互いの意見を把握し、その調整役をつとめます。サッカーでいうとボランチの役割です。ボランチとは中盤でゲームを組み立てるポジションです。コンサルタントが仲介することで、円滑に情報が共有できます。

 そこで、コンサルタントは整形外科診療所の経営に関する専門知識を日々学び、毎回現場で調査し、多数のスタッフとヒアリングすることで、情報を蓄積しております。つまり、これらの情報は相手の話を理解するために必須です。

 もし、お互いが分かり合えるようになれば、長所を認め合い、短所をカバーすることができます。やがて、好循環が生まれ、院長先生やスタッフの長所が組織に浸透します。

システムの構築

 コンサルタントは医院の経営のシステムを構築します。人材育成の必要性は感じていても、診察で忙しい院長先生は育てたくても、時間がありません。そのため、私達がスタッフが人を育成するシステムを構築します。これが機能すれば、長期的に経営が安定します。

 また、現場の情報を共有するシステムも構築します。これができれば、問題を早期に解決できるだけでなく、早期に把握することで、余裕を持って、課題に対応することが可能です。

 さらにスタッフ自らが現場の情報を把握し、現場を改善します。これにより、働きがいも生まれ、自主性も高まります。確かにマニュアル等でスタッフの行動を統一することも大事ですが、スタッフが個性を発揮し、患者さんに適した対応をすることで、満足度も高まります。

signature01

お問い合わせ 無料経営相談 WEBセミナー登録