整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

事務長・院長夫人の経営サポート

 整形外科診療所の院長先生が診療に集中するためには事務長・院長夫人の存在は大きく、医院経営において長所となります。

 しかし、通常は院長先生お一人で経営を考えている場合が多く、ドクター、マネジャー、経営者の3役を兼ねる必要があります。そのため、ドクター業務に集中しづらくなります。

 さんかくけいでは事務長・院長夫人のサポートの4つのメリットを反映し、参画経営の実現に向けてサポートしています。

①定着率が高まる

 整形外科診療所はスタッフ数が多いため、早期に医院に溶け込むことができず、退職する可能性が高まります。その予防策として、院長先生と話すことができればいいですが、通常院長先生にお話をする時は退職を告げる時です。

 そこで事務長・院長夫人が面談等を通じて、早期に悩みを共有し、対策を講じることで、医院に溶け込みやすくなります。その結果、スタッフの定着率が高まり、患者さんの安心感につながります。さらに採用や育成の負担が減り、医院の戦力を維持できます。

②定期的に相談できる

 院長先生は診療が終わるとなかなかスタッフと話すことができません。そのため、スタッフから部署の状況を定期的に伝えてもらうことができません。その結果、スタッフの想いを形にできないだけでなく、問題につながる可能性があります。

 そこで事務長・院長夫人がスタッフから状況についてリアルタイムに相談を受けることで、早期に対策を立てることができます。これにより、院長先生も状況を判断できるだけでなく、医院の雰囲気も良くなります。

③院長先生の想いを代弁できる

 院長先生は理念を持って診療しています。しかし、スタッフは平穏に業務を遂行したいと考えていれば、院長先生とスタッフの考えに乖離が生まれます。それを埋めることができず、時間が経過すれば、医院の雰囲気が活性化しません。

 そこで事務長・院長夫人が院長先生の考えをかわりにお伝えすることで、院長先生の想いを把握できます。その結果、事務長・院長夫人がサポートして、その想いを形にすることで、理想の診療に近づきます。

④受付の状況を把握でき、業務改善できる

 受付は患者数が多くなると余裕がなくなり、接遇力も高めることができません。しかし、院長先生も診察で忙しいため、状況も把握できず、提案することも難しいです。また、受付スタッフも院長先生と普段コミュニケーションをとっていないことで、相談しづらいです。

 そこで事務長・院長夫人が実際受付のサポートに入ることで、業務内容を把握し、自らご提案するだけでなく、スタッフの想いを反映することで、業務を改善できます。その結果、接遇力が高まり、待ち時間の減少にもつながります。

    院長先生   主任育成   新人育成

お悩み別対策