整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

新人スタッフの活用のメリット

 整形外科診療所で新人スタッフを活用することは重要です。もちろん既存のスタッフ中心に診療することも大事ですが、新人スタッフを活用することで、医院の教育体制を見直します。

 つまり、整形外科診療所の経営が現状維持ではなく、新人スタッフを活用することで、成長の可能性が高まります。

 さんかくけいでは新人スタッフの4つのメリットを活用し、参画経営の実現に向けてサポートしています。

①既存の業務を見直す

 長く働くと業務がマンネリ化し、業務を遂行することだけを意識します。そのため、増患した際などは対応しづらくなります。その結果、接遇力が低下し、患者満足度も低下し、患者数が維持しづらくなります。

 そこで、新人スタッフを活用することで、業務を見直すことができます。もちろん、最初は新人スタッフの能力は既存スタッフに劣りますが、今までのノウハウと新人スタッフの意識を組み合わせることで、業務を改善します。

②部署内のコミュニケーションが図れる

 既存スタッフだけで業務を遂行すると、ある程度お互いのことを把握しているため、コミュニケーションが図りづらくなります。もちろん、忙しい時はお互いフォローしやすいですが、新たな視点を狭める可能性があります。

 そこで、新人スタッフを活用することで、既存スタッフの長所を共有するためにコミュニケーションを図ることができます。これにより、院内の雰囲気を高めることができ、口コミも拡がりやすくなります。

③教育しやすい

 医療経験者のスタッフを採用すれば、教育の手間が省け、教えやすいというメリットがあります。しかし、医療経験者は特定のくせがあり、ある程度覚えているため、熱心に業務を学ばない可能性があります。さらに既存スタッフも経験者のため、遠慮する可能性もあります。

 そこで、新人スタッフを活用することで、真っ新な状態から教育することができます。これにより、医院の特性を考慮した業務を教えることができ、早期に適用しやすくなります。また、新人スタッフも早く業務を学ぼうと思い、熱心に学ぶ可能性が高いです。

④院長先生の想いが浸透しやすい

 医療経験者の場合は自らの考えがあり、前職の職場状況と比較し、柔軟な考えを維持しづらい場合があります。そのため、院長先生の新たな業務を取り組もうという気持ちに応えづらいです。その結果、経営を向上することができません。

 そこで、新人スタッフを活用することで、院長先生の想いを浸透しやすく、新たな取り組みを開始できます。その結果、既存スタッフも新人スタッフに感化され、部署全体で良い流れを作ることができます。

   院長先生   主任育成   事務長・院長夫人サポート

お悩み別対策