整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

1日患者数340名以上の経営指標

患者数340名以上のお悩み別対策

 この規模になると地域でほぼ一番の整形外科診療所になっています。

 他院と差別化するためには立地、医院の面積、クリニックロイヤリティの順番で大切だと言われています。つまり、立地や医院面積を考えると都会では当初からこの規模で集患できるハード面を整備するのは難しいと思います。

 そこで、地方などで駐車場台数を確保できることが必要条件です。その結果、天候や気候に影響されず、遠方からも集患することが可能です。丁寧な診察を続けていると地域内で口コミが拡がり、クリニックロイヤリティも生まれます。

 ではこの規模では悩みがないかというとそうではありません。もちろん、集患の悩みは薄くなっています。ではスタッフマネジメントかというとそうではありません。この規模ではスタッフマネジメントを整備していなければ、その規模に達することができないからです。

 また、待ち時間に関しても同様です。この規模で集患し続けるためには待ち時間を減少させるために様々な効率化の業務を改善しています。そこで、医院経営においてイレギュラーなことをサポートすることが大切です。

 この規模の院長先生は経営のノウハウを積み重ねられ、診察に集中されています。そのため、イレギュラー業務によって、診察に集中しづらくなります。

イレギュラー業務への対応

 この規模は医院経営のイレギュラー業務に対応できる体制が必要です。これは医院によって異なりますが、例えばスタッフの潜在的な不満や提案をくみ上げるミーティングや面談の整備があります。また、スタッフの頑張りを評価する体制を整備し、モチベーションを高めます。

 スタッフの採用や教育の場合もあります。この規模はスタッフは優秀であるため、チームワーク良く業務を遂行しています。そのため、そのスタッフが退職してしまうと効率化が落ちます。その際に採用を検討するのですが、地域内で忙しいという口コミがあれば、難しいです。

 また、診察を効率化するためにも看護師だけでなく、看護助手やクラークを導入するなど診察の長所を維持しつつ、誰でも業務を担当できる体制を築くことも必要です。

 さらに新人スタッフが定着率を高めづらい、また育ちにくいという課題もあるかもしれません。そのため、主任の育成体制の整備やマニュアルを構築することも必要です。

 下記の詳しくはこちらでは340名以上の経営の課題と対策をお伝えします。

詳しくはこちら

イレギュラー業務対応2日プログラム

 さんかくけいでは340名以上の医院にご訪問し、地域一番医院がイレギュラー業務を円滑に対応できるために経営コンサルティングを実施しております。

 現在の医院経営の長所と課題を確認し、業務を定型化するための実施事項を明確化します。

①客観的な視点の現場調査と院長先生の想いの把握

 実際現場を調査して、医院の長所と課題を確認します。これにより、患者さんからどのように医院が見えるのかを把握させていただきます。その後、院長先生から現状の長所と課題を確認し、現場調査をふまえて、イレギュラー業務を明確化します。

地域一番医院のイレギュラー業務のレギュラー化

 今後医院経営が安定するために必要な実行内容を抽出し、レギュラー業務へと移行できるスケジュールを明確化します。また、必要であれば、主任クラスのヒアリングも実施します。

 以上、イレギュラー業務対応のための2日プログラムにご興味がある院長先生は経営相談にお申込みください。

  120~170名 170~230名 230~280名 280~340名 signature01

お問い合わせ 無料経営相談 WEBセミナー登録

お悩み別対策