整形外科診療所の経営課題解決に特化した情報サイトです

運営元:さんかくけい

経営アドバイスの主なパッケージ

整形外科診療所の主な経営アドバイスのパッケージをご紹介します

 私達は整形外科診療所の経営をサポートするために様々なご支援をしております。その中で今回よくご活用いただく3つの経営サポートパッケージをご紹介します。

コーチングセッション

 院長先生はこれまでご自身で考えて経営を進めてきました。そのため、競合や他院の成功事例について学ぶ機会は少ないですが、院長先生の考えた行動に注力できるというメリットもあります。そこで、経営を向上させるためにはこれまでの考えになかった視点を取り入れます。

 そのため、私達はコーチングセッションをご提供しています。その目標はスタッフマネジメント等を主任に任せ、院長先生が診療に集中しても、医院が運営できる仕組みを作ることです。

 その内容は今後の院長先生の想いをまとめ、地域の外部環境を捉え、具体的な計画を立案します。また、スタッフの自主性を高め、新たなマーケティング手法を学び、主任を育成します。これらの内容にそって、コーチングを進めます。

ホームページラフ作成

 増患するためには新たなマーケティングを開始する必要があります。もちろん、これは業務効率化等をして、1時間当たりの診療人数を増やし、待ち時間を減らすなどの工夫も必要です。それがある程度形になれば、情報発信を検討します。

 そのため、ホームページを製作することが効果的です。ホームページは医院の長所を特定の方に伝えることができるため、患者さんに安心感を与えることができます。地域の他の医院はホームページを作っていなかったとしても、自院が製作することで地域内で、差別化できます。

 さらにホームページを製作しようと思うと、院長先生が想いをまとめる必要があります。つまり、客観的に医院を捉えることにより、長所と課題を把握することができます。その結果、新たな取り組みを開始できます。

理学療法士の採用サポート

 今後の整形外科診療所は他院と差別化し、患者満足度を高める必要があります。そのため、院長先生の診察だけでなく、運動療法が重要になってきます。理学療法士が診療所に在籍していれば、疾患に新たなアプローチができるため、痛みが改善し、口コミも発生します。

 しかし、整形外科診療所は理学療法士にとって、段々と勤務地の候補として挙がってきていますが、どうしても病院や介護施設等に比べると、人間関係、勤務条件、ハード面等で不安があり、応募まで結びつきません。

 そこで、理学療法士にとって自院の魅力を抽出し、学校との連携やインターネットの活用など様々な応募媒体を選ぶことで、自院の長所を訴求します。さらに見学や面接等も工夫することで、相乗効果が高まります。

 以上のように院長先生の想いや医院の状況に合わせて、ご活用下さい。

 コーチングセッション ホームページラフ製作 理学療法士の採用サポート

お悩み別対策